映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-09-05 テキサス・チェーンソーの謎

gakus2004-09-05

 今日も朝からビデオ漬け。10月6日にDVDリリースされる「テキサス・チェーンソー」はスクリーンでも2度観たが、改めて見直してもやはり面白い。

 「悪魔のいけにえ」のリメイクうんぬんという話はさておき、日本語字幕では伝わりづらいが、殺人鬼レザーフェイスに追われるハメになる5人の若者たちは、サザンロックの大御所として知られるレイナード・スキナード/LYNYRD SKYNYRDのライブに向かおうとしている、という設定。カーオーディオからはご存知、『SWEET HOME ALABAMA』が聴こえてくる。7月19日の日記で記したストロベリー・アラーム・クロックのギタリスト、エド・キングが作曲に貢献した大ヒット曲。他の映画でも頻繁に耳にするナンバーだ。

 セリフでは女の子の一人が“『FREE BIRD』演奏するかな?"などと浮かれて語っていたり。これから訪れる運命がウソのような盛り上がりっぷり。

 で、今日は『SWEET HOME ALABAM』収録の2ndアルバム『SECOND HELPING』のジャケをのっけて終わり…のはずだったが、このアルバム、1974年のリリースで、さらに調べてみると『SWEET HOME ALABAMA』も1974年にヒットしたことが判明。「テキサス・チェーンソー」の冒頭には1973年8月18日とテロップが出る。これは時代考証のミス?


muramura 2004/09/07 22:58 最近の映画界では、すっかりスキナードはアメリカ南部を象徴するバンド扱いですね。『SWEET HOME ALABAMA』なんて『メラニーは行く!』の原題ですし。オールマン・ブラザーズ・バンドや、その名もズバリのアラバマあたりに陽が当たる日は来るのか?

gakusgakus 2004/09/07 23:01 あの映画では女性ボーカルでカバーされてましたね。エミネムも「8Mile」でリフに合わせてラップにしてたし。確かに、サザンロックはそろそろ再評価されてもいい時期かもしれません。