映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-09-08 私の好きなイギリス映画

gakus2004-09-08

 昨日の話の流れで、個人的に大好きなイギリス映画を挙げていこうと思います。不定期連載。もちろん、音楽絡みで。

 最初に挙げたいのは、1961年の青春映画「蜜の味」。シェラ・デラニーの同名戯曲の映画化で、当時イギリスを席巻していた文化的ムーブメント“怒れる若者”のひとつに数え上げられる。監督は後に「トム・ジョーンズの華麗な冒険」「ホテル・ニューハンプシャー」などを撮る故トニー・リチャードソン。

 物語は、横暴な母親とともに貧乏暮らしをしている女の子が、ゲイの男の子と出会って自由を謳歌するものの、やがては現実の厳しさに直面する…というもの。思春期特有の浮き沈みの激しい感情や、根拠のない希望だけを抱えてはやっぱりダメだった…という落差のリアリティは、胸に迫るものがある。ヒロイン、リタ・トゥシンガムは、この後カンヌ・グランプリ作「ナック」で“レイープ、レイープ!”と叫ぶアンポンタン少女役で名を上げるが、このときの初々しさの方が個人的にはより強く印象に残っている。同じリチャードソン監督の“怒れる若者"映画「長距離ランナーの孤独」ともども、DVD化が待たれる傑作。

 そもそも、この映画を知ったのは、やはりスミス/THE SMITHSから。1984年、モリッシーのアイドルだったスウィンギンロンドン時代の人気シンガー、サンディ・ショウ/SANDIE SHAWを担ぎ出して、スミスがレコーディングしたシングル『HAND IN GLOVE』のジャケット(写真)に、この映画のスチールが使用されていてたのです。リタ・トゥシンガムの憂いを含んだ横顔が何とも印象的だった。

 さらに、映画を観てみると、SMITHSの歌詞に登場する言葉が、そっくりそのままセリフの中にあったり。“昨日の夜、君の夢を見てベッドから2度も転げ落ちたよ"とか。モリッシーが、いかにこの映画から影響を受けていたかがわかる。

 映画でロックを知ることもあるけれど、逆に音楽から映画を教わるパターンもある。この二つの柱、やはり自分には切り離せません。

路地裏猫路地裏猫 2004/09/09 23:37 不定期連載楽しみにしています。私も考えてみました、好きなイギリス映画。DVD化してほしいのは「ヒア・マイ・ソング」です。関係者様、私の願いを叶えてください!!

muramura 2004/09/10 04:38 音楽絡みで、お気に入りのイギリス映画を一本申告させてください!オッサン趣味と言われ続けながらも敬愛しているマーク・ノップラーが初の映画音楽を担当した『ローカル・ヒーロー』。音楽ありきで観たのですが、とらえどころはないけれど温かい素敵な映画でした。主題曲も、ダイアー・ストレイツのライブで聴くことができて大満足でした。

gakusgakus 2004/09/10 04:55 おおっ!あれも地味ながら捨てがたい秀作ですね。マーク・ノップラー好きとは意外でした。ダイアー・ストレイツは最初のころは好きだったのですが…。

muramura 2004/09/10 05:30 高校生の頃は「ノップラーになれるならハゲてもいい!」とまで思っていましたが、大人になってみたらハゲの部分しか近づけませんでした…。ダイアー・ストレイツ、最後のツアーを十数年前にフランスで観たのですが、まるでSMAPみたいな大人気。あまりの格差に、来日しなかったことも思わず納得してしまいました。

gakusgakus 2004/09/10 13:38 失礼ながら笑った…。ダイアー・ストレイツって、解散してたんですか。欧米と日本では、確かに温度差が大きいかもしれません。そのせいで来日できないアーティスト、けっこう多いみたいですね。

gakusgakus 2004/09/10 15:16 >路地裏さま 「ヒア・マイ・ソング」は確かに愛すべき映画でした。ピーター・チェルソム監督の次回作は、あの「shall we dance?」なので、日本公開時にDVD化されるのがグッドタイミングと思うけど…期待しましょう。(先の私のレス、意味不明でしたので削除後、改めてコメントし直させていただきました)

muramura 2004/09/12 18:23 ダイアー・ストレイツ、解散ではなく無期活動休止のようです。日本からは信じられませんが、あまりにもビッグバンドになり過ぎて、何をしても巨大ビジネスが絡むのがめんどくさいのだとか。たまにチャリティー・コンサートなんかはやってるみたいですが。

gakusgakus 2004/09/12 19:19 映画のスコアを手がけるとか、そういう話を以前聞いたような気もしますが、その後音沙汰ありませんね。

muramura 2004/09/13 00:58 M・ハゲップラーは『プリンセス・ブライド・ストーリー』とか『ブルックリン最終出口』とか、結構サントラは手がけてますよね。最近で日本公開されたのは『ワグ・ザ・ドッグ/ウワサの真相』が最後かも。

gakusgakus 2004/09/13 01:00 「ワグ・ザ・ドッグ」も5年ぐらい前ですよね。最近耳にすることが少なくなったような…。ライ・クーダーも、どうした!

muramura 2004/09/13 02:09 地味どころでジャック・ニッチェもどうした……と思ったんですけど、彼って亡くなられたんでしたっけ?

gakusgakus 2004/09/13 02:14 確か亡くなったはず…。ロックを卒業したとはいえ、誰もがダニー・エルフマンになれるわけではないですなあ。

muramura 2004/09/13 02:20 しかもエルフマンの野郎、ただの変態ロッカーだったくせに嫁さんブリジット・フォンダっすよ!

gakusgakus 2004/09/13 02:23 なぬ!それは許せん!!変態が伝染して「UMA」のような素敵な映画に出るようになってしまったのでしょうか…。

muramura 2004/09/13 02:29 結婚は去年の11月なので、多分「UMA」や「キス・オブ・ザ・ドラゴン」のような素敵な映画に出て変態化したからこそ、ハンサムなE・ストルツよりもエルハゲマンを選んだのではないでしょうか。

gakusgakus 2004/09/13 02:32 そんな最近なんですか…。「キャプテン・スーパーマーケット」にも出てたし、その素養があったんですかねえ…。キャプテン・アメリカの血を引いてるし。それにしてもmuraさん、ハゲにコダワリすぎ(笑)。

muramura 2004/09/13 02:38 思えば昔から『ケロッグ博士』とか『小仏陀』とかヘンな映画ばっか出てるし。絶対変態ですよ、真性の。

gakusgakus 2004/09/13 02:41 それでもいいっすよ! ブリジットなら(笑)。

muramura 2004/09/13 02:56 実は東京国際映画祭京都大会(何じゃそりゃ?ですけど)で、舞台挨拶に来たブリジットとロビーでぶつかったことがありますよ!以上、自慢でした。

gakusgakus 2004/09/13 03:00 「シンプルプラン」で来日したときに取材の話がきましたが、スケジュールが合わず会見のみ顔を出しただけだった…なんてことがありました。体当たりしたとは羨ましい…。