映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-09-11 アメリカン・ガールの鼻歌

gakus2004-09-11

 この夏、もっとも我が家のDVDプレーヤーで再生された作品は、今さらながら「羊たちの沈黙」でした。仕事がらみではありましたが、数回は通して観たはず。


 何度観ても凄いなあと思うのは、クローズアップが醸し出す緊迫感。いろいろ新しい発見があるのも、一筋縄ではいかない映画の面白さである。音楽的な面での新たな発見は、バッファロー・ビルに誘拐される上院議員の小太り娘が拉致直前に、カーオーディオから流れるトム・ペティ&ハートブレイカーズの『AMERICAN GIRL』を一緒に歌ってるんだけど、合いの手の“うぉうぉ"まで、しっかり鼻歌でこなしていること。相当、この曲を聞き込んでいる…ということの表れなのでしょう。


 ジャケはもちろん『AMERICAN GIRL』収録の1976年発表、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのデビュー盤『TOM PETTY & THE HEARTBREAKERS』。このバンドのなかでは、一、ニを争う爽快なロケンロー・アルバム。