映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-09-12 私の好きなイギリス映画 4

gakus2004-09-12

 メジャー過ぎて挙げるのがはばかれるものの、「フル・モンティ」の音楽ネタについて触れておきます。

 人前で脱ぐことは、なかなかできるものではないけれど、羞恥心を突破して、生活のために男性ストリップに挑む男たち。しかし、男ならではの悩みもあるようで、“全裸のときに勃起したらどうすりゃいい?"などという、しょーもない会話の面白さがいい。飲み屋での会話を思い出してもらえればわかりやすいと思うが、男同士の会話の9割ぐらいは、だいたいしょーもないことだから。

 で、先の問いかけに誰かが“何でもいいから退屈で萎えるものを想像しろ"と答える。例えばこういうもの…という答えとしてガーデニング、女王陛下のスピーチ、セールスマン…などが挙がり、そのなかのひとつに“ダイアー・ストレイツの2枚組アルバム”というものも出てくる。初めて観たとき、これには笑った。(muraさん、ゴメン…)

 ダイアー・ストレイツはイギリスの国民的バンドではあるけれど、これを“渋い”と思って聴いているの多くは中産階級で、この映画の主人公たちである労働者階級の人々には、やはり退屈なんだろうなあ、と。最初の3枚のアルパムはパブロックのようなエッジを感じさせる、いかつい感触もあって、個人的には嫌いじゃない。その後のプログレ化が問題だったのではないかと思いますが…。

 ジャケは本当に2枚組のライブ盤『ALCHEMY』にすべきでしょうが、なくしてしまったようなので代わりにベスト盤を。オリジナルアルバム未収録のシングルヒット・ナンバー『TWISTING BY THE POOL』が大好きなんだけど、こういう正統派のロケンローがバンドの本質から掛け離れていることは、このアルバムの流れで聴くとよくわかる。


muramura 2004/09/13 01:04 いらないと思いますが、『ALCHEMY』のレコードならいつでも貸しますよ!しかし『TWISTING BY THE POOL』を持ってるなんて、何だかんだ言ってgakusさんも実はハゲップラーのことが……。

gakusgakus 2004/09/13 01:10 いや、『TWISTING BY THE POOL』のシングルは持ってないんですよ。これはベスト盤で初めて所有。その前まではFMでエアチェック(懐かしい響き…)したのをずっと聴いていて。『LOVE OVER GOLD』(だったかな)のプログレ路線に萎えた直後だっただけに、余計にこの曲が素晴らしく聴こえてしまったのかもしれません。

muramura 2004/09/13 01:16 『LOVE OVER GOLD』は鬼門です。実質的にプログレ調なのはあの一枚だけなのですが、アレが許容できるかどうかが真性ファンかどうかの分かれ目…。『WALK OF LIFE』とか聴いて、勘弁してやって下さいませ。

gakusgakus 2004/09/13 01:24 鬼門とはいいえて妙。エセ・ファンは脱落です…。『WALK OF LIFE』はいいですねえ!『BROTHERS IN ARMS』は売れたこともあり、当時はよく聴きました。『MONEY FOR NOTHING』はギターリフやらハゲップラー(こんな呼び名でいいんですか(笑))の曲間の合いの手がユーモラスで憎めません。失恋したときには『YOUR LATEST TRICK』聴いて暗くなったり。しかし『ON EVERY STREET』で再び萎えちゃったんですよ…。

muramura 2004/09/13 01:39 『YOUR LATEST TRICK』は哀切ないい曲…と思い続けていたのですが、大人になって聴き直してビックリ!あの激烈に甘々なサックスが恥ずかしくて恥ずかしくて。しかし身悶えするような気色悪さも、ファンにとっては倒錯した喜びだったり…。

gakusgakus 2004/09/13 01:53 言われて見ると、あのバンドにサックスって妙ですね。聴き直してみようかなと思ったけど、古傷にふれることも含めて気恥ずかしくなりそうなのでやめときます(笑)。ここは景気よく、『LADY WRITER』(邦題『とんでるレディ』(笑))でも聴きますか。