映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-09-13 私の好きなイギリス映画 5

gakus2004-09-13

 「時計じかけのオレンジ」からさかのぼること3年前の1968年、マルコム・マクドウェル、“歩く反抗期”としての最初の一歩を踏み出したのが「if もしも…」です。

 伝統ある全寮制のパブリック・スクールで、マルコム他少数の生徒が学校側に反乱を起こそうとする。決行日は創立記念の式典が行なわれる日。子供の反乱とはいえ、そこはマルコム、徹底的で、ショットガンで武装して超暴力の衝動をスパークさせる。クライマックスで何度もアップになるマルコムの顔つきには、冷たい怒りが充満していて、恐ろしくインパクトがある。

 学生紛争が盛んだった時期の作品だけに、時代の空気をビビッドにとらえていたのだろうけれど、こんな暴力的な映画がカンヌでグランプリを受賞したのは意外な気もする。監督のリンゼイ・アンダーソンは、この後、再びマルコムを主演に起用した「オー!ラッキーマン」や「八月の鯨」などを発表し、寡作ながら息の長い活躍を続けた。

 音楽的には特にふれる点はないが、1992年にリリースされたイギリスのインディーズ・バンド、スコーピオ・ライジング/SCORPIO RISINGのデビュー・ミニアルバム、タイトルもモロの『if....』(写真)で、この映画のスチールが使われていた。バンド名にも感じるものがあり、店頭で見かけて、もちろん即買い。ノイジーなギターと性急なリズムがパンキッシュで、衝動を音に具現化したというべき内容。このバンド、その後2枚のフルアルバムを発表して消えてしまう。グルーヴ感の強いナンバーもあり、今聴いてもけっこうかっこいいが、再評価されるにはまだ時間がかかりそう。

 今となってはコロンバイン高校の事件をほうふつさせる内容だが、これは抵抗すべき旧態依然としたルールがあったころの話で、事情は異なる。もっとも今は今で、他に戦うべき相手が存在するのだろうけれど…。

Mocker!Mocker! 2004/09/14 17:51 SCORPIO RISINGのこのジャケは懐かしいです。タイトル忘れましたがスイカのジャケの曲が、当時のクラブでよくかかっていましたね。マルコムの役では珍しく純情青年の役を演じていた「さすらいの航海」がけっこう好きです。小学生の頃に「カリギュラ」が公開され、変態イメージが強かったので、後になって観てこんな役もできるのかと驚きました。変態と言えば「パッセージ 死の脱走山脈」というタイトルだったと思うんですが、この戦争アクションでナチス・ドイツの変態将校というのも演じてました。中学生の時に日曜洋画劇場で一度観たきりなのに、マルコムのキレっぷりは今だに印象に残っていま
す。

gakusgakus 2004/09/14 23:15 スコーピオ・ライジングのCD、久々に引っ張り出して聴いてみましたが、今でもけっこうかっこいいんですよ。マルコムは確かに、我々の世代的には「カリギュラ」の印象が強いですね。本人は“ハードコア・ポルノになるとは思わなかった、騙されて出演した”と語っていますが、狂人のイメージだけはしっかり固まってしまったようで…。「パッセージ」という映画はたぶん観てないと思います。ビデオになってますかね。私的には「クラス・オブ・1990」のマルコムが、年を重ねてなお狂気的で、好きだったなあ…。