映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-09-23 私の好きなイギリス映画 8

gakus2004-09-23

 1966年に製作されたコメディー「モーガン」は、日本で劇場公開されなかったのが不思議なほどの傑作です。ビデオは一度発売されたものの、現在は廃盤。米国ではDVD化されているのだから、ぜひ日本版も出してほしい。

 労働運動に熱心な労働者階級の家庭に生まれ育った主人公モーガン(デビッド・ワーナー)は、動物、とりわけゴリラを愛する青年。しかし、極度に偏執的な性格が災いして、妻(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)に離婚される。別れたくないモーガンは、必死に彼女の心をつなぎとめようとする。

 しかし、その手段がトコトン裏目に出るようなものばかりで、妻の再婚相手に嫌がらせをしたり、彼らのベッドインを盗聴したり、彼女を誘拐したり。極めつけはクライマックスで、「キングコング」に感化されゴリラの着ぐるみを着てチャペルに登り、結婚式場に殴りこむというトンデモなさ。

 ゴリラの夢を見てはニヤニヤしたり、動物の妄想に浸ったりなど、主人公は子供のまま大きくなったようなダメ男。しかし、この大人になれない部分が良い。“周りの人間、みな大嫌い!”とヤケになることは誰にでもあるが、彼がゴリラになるのは、それが極度に行き過ぎたかたちのように思える。反社会的だし褒められたことではないけれど、行けるところまで行ってしまう、このキレ方は不思議と魅力的なのです。

 ヴァネッサ・レッドグレーヴは、この映画で何とカンヌ映画祭の主演女優賞を受賞。監督のカレル・ライスは、この後「ザ・ギャンブラー」でアメリカに進出し、「フランス軍中尉の女」などの秀作を世に送り出す。ロックは使われていませんが、「唇からナイフ」のジョン・ダンクワースによる音楽のなかには、けっこうグルーヴィーな曲もあって60'Sのムードたっぷり。

 KINKS/キンクスが1970年に発表したシングルで、アルバム『ローラ対パワーマン、マネーゴーラウンド組第一回戦』(写真)に収録されている『APEMAN』は、少なからずこの映画の影響を受けているような気がするが、どうでしょう。