映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-09-24 ニュー・センセーション!

gakus2004-09-24

 「ジェダイの帰還」にまで進出したヘイデン・クリステンセン(9月22日の日記参照)主演の社会派ドラマ「ニュースの天才」を観る。

 雑誌記者の実話の映画化で、大統領用専用機にも置かれている硬派雑誌の若い記者グラス(クリステンセン)がハッカーの記事をスクープ。PC雑誌の記者が、このスクープに疑問を抱き、色々と調べてみるが、まったく記事の裏づけがとれない。グラスの上司も調査に乗り出し、やがてその記事は捏造されたものであることが判明する。

 実はこの主人公はこれ以外にも捏造記事を多数書いており、そこでジャーナリストの在り方が問われるわけだけれど、この映画は社会的メッセージを声高に叫んだりはせず、むしろ“なぜこの男が、こんなことを続けたのか…”ということをジンワジワとあぶりだしていく。精神的な未熟さが、よく表れていて、ダークサイドの誘惑に弱い“パダワン”ヘイデンの個性が活かされていると思います。

 主人公が共和党員の乱痴気騒ぎを取材しているシーンで、懐かしいインエクセス/INXSのヒット曲『NEW SENSATION』がかかる。“新しいセンセーションに、心の準備はいいか?”と歌われているが、このシーンがもしかしたら幻想、すなわち主人公の捏造かもしれないことを思うと、皮肉な響きも増す。

 で、写真は同曲を収録したインエクセス、1987年のアルバム『KICK』。このアルバム発表後の来日公演、恥ずかしながら観に行きました…。そういえば、シャーリズ・セロンの「モンスター」でもスケート場のシーンでインエクセス『WHAT YOU NEED』がかかっていたな。

 編集部内のパーティーのシーンではラモーンズ/RAMONESの『電撃バップ』が聴こえてきて、意味もなく寂しくなってしまったことを、付け加えておきます。

ニュースの天才 [DVD]

ニュースの天才 [DVD]