映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-09-29 血の日曜日

gakus2004-09-29

 昨日とりあげた「ボーン・スプレマシー」の監督ポール・グリーングラスの出世作で、日本では劇場未公開のままビデオとなった「ブラディ・サンデー」を観る。

 1972年、北アイルランドの公民権運動のデモ隊に英国軍が発砲し、13名の死者を出した、いわゆる“血の日曜日事件”の映画化。運動を牽引する議員、血気盛んな若者たち、地元警察、英国軍など、それぞれの1日の動きを交錯させ、徹底したドキュメンタリー・タッチで描いている。音楽はナシ。カメラは全編手持ち。「ボーン・スプレマシー」で状況を無駄なく連ねて、ドラマを構築していたグリーングラス監督だが、その手腕は本作のソリッドな作りにも通じるものがある。

 武装した英国の部隊の挑発的な姿勢に、デモに参加していた若者たちがキレだし、投石を開始。部隊は、そこで突如発砲を開始し、若者はおろか老人、市職員も犠牲になる。多くの市民は、石以外の武器は持っていなかった。無抵抗の者が射殺された。攻撃を終えた兵士が興奮して仲間に言う“アドレナリンがあふれ出てるぜ"。

 U2のアルバム『WAR』(写真)に収録された『SUNDAY BLOODY SUNDAY』で、この事件を知った人は少なくないと思うが、自分もその一人。映画のエンディングで、この曲がライブ・バージョンでフィーチャーされている。エンドクレジットが終わり、画面が黒一色になっても、この曲は流れ続け、結局曲の終わりまで流れる。黒一色の画面が3分以上は続いただろうか。

 なぜ今“血の日曜日事件"なのか。エンドクレジットの『SUNDAY BLOODY SUNDAY』の冒頭にはボーカリスト、ボノのMCも、そのまま使われている。“いつか、この歌を歌わずに済む日がくるように"…しかし“血の日曜日"と同様の事件は世界中で起こっている。この曲をボノが歌い始めた20年前から、現在に至るまで。