映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-10-03 ジョン・ヒューズ作品のサントラ

gakus2004-10-03

 昨日「恋しくて」について書いたらジョン・ヒューズ作品をあれこれ思い出したので、忘れぬうちに書き留めておこうと、思った次第です。

 ジョン・ヒューズは監督、プロデューサーとして、1980年代に青春映画の傑作を多数、手がけたが、音楽ファンとしてはそのサントラもチェックのし甲斐があった。このころのハリウッド映画には珍しく、イギリスのバンドのナンバーが多数起用されていて、時にそれはまったくの新曲だったりすることもあったから。「プリティ・イン・ピンク」に使われ、大ヒットしたオーケスラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク/OMDの『IF YOU LEAVE』や、ニュー・オーダー/NEW ORDERの『SHELLSHOCK』はベスト盤を除く彼らのオリジナルアルバムには未収録である。

 一方で、ロックコンピ・サントラのいい加減さを知らされたのもヒューズ作品だった。「ブレックファスト・クラブ」のサントラに収録された曲のうち、半分以上は映画では使用されていない。「プリティ・イン・ピンク」のサントラ(写真)に収録されたザ・スミス/THE SMITHSの「PLEASE,PLEASE,PLEASE LET ME GET WHAT I WANT」も、この映画では聴けず、なぜか後の「フェリスはある朝突然に」の、とても良い場面で使われていたり。そのころに染み付いた猜疑心のせいか(?)、最近のインスパイア盤という表示がなくても、ロックコンピ系のサントラ盤は、とりあえず疑ってかかるようにしている。

 とはいえ、いざ映画で流れるとやはり印象的で、先述の『IF YOU LEAVE』なんかは、あの泣けるエンディングとは切り離せないし、昨日書いた『CAN'T HELP FALLING IN LOVE』もまた然り。ヒューズは切ないメロディの起用法を心得ていた人だったのでしょう。

 余談ですが、ケビン・スミス監督の「ドグマ」ではジョン・ヒューズ作品が度々引用されている。サイレント・ボブ(演じるはスミス監督本人)は「プリティ・イン・ピンク」のエンディングでは、ムサい顔をしていながらも、いつも泣いてしまうとか、芸術の神ミューズは歴代興行収入ベスト20に入る作品に発想をあたえたが、“クリスマスに留守番している子供が泥棒をやっつける映画”には関知していないとか。大きく頷いてしまうところが多々ありました。


プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角 [DVD]

プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角 [DVD]

muramura 2004/10/04 03:55 つい先ほどベン・スティラーの未公開作『ポリー my love』(もちろん邦題)を見終ったのですが、フィリップ・シーモア・ホフマンが、『ブレック・ファスト・クラブ』らしき映画(ポスターが同じデザイン)に出演した元子役、という80年代な役柄で出てました。

gakusgakus 2004/10/04 05:16 「ポリーmyラブ」は飛行機で字幕なしのを観ましたが、途中で眠ってしまい、フィリップ・シーモア・ホフマンまでたどり着けなかったような…。もうビデオになってますか。ベン・スティーラーファンとしては観ねばなりませんです…つーか、余計に観たくなりました!