映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-10-06 性転換に失敗しなかったパンクス

gakus2004-10-06

 待望のTHE CLASH『LONDON CALLING:25TH ANIVERSARY EDITION』を購入。このアルバムはアナログでしか持っていなかったので、改めてCDで聴くと不思議な感じがする。アナログでは2枚組のアルバムも、CDではディスク一枚に収まってしまうから、レコードをひっくり返したり、変えたりしなくていいのは楽。それでも『GUNS OF BRIXTON』がフェイドアウトすると勝手に体が反応したり…。ディスク2のデモテイク集は涙モノですが、これはまた機会があれば触れようと思います。DVDディスクは多忙ゆえ、残念ながら今週中には観れそうにない。

 それとはもかく、昨日の日記に関連した話を。昨日記した「パンクロック・ムービー」には、ウェイン・カウンティ&ザ・エレクトリック・チェアーズというNY出身のバンドが出演している。このバンドのフロントマン、ウェイン・カウンティは『FUCK OFF』などの攻撃的な曲の一方で、メロウで切ないナンバーを書く、なかなかのメロディメイカー。さらに、この人、性転換したことでも知られている。もともとドラッグクィーン的なメイクをしてステージに上がっていたが、1980年に本当に男性から女性へ。名前もウェインからジェイン・カウンティに変えている。しかし、パンクが下火になるとともに世間の注目度も急降下。それでもジェインは地道に音楽活動を続けるが、かれこれ10年以上、新譜とはご無沙汰である。

 似たような話を映画で見たことはありませんか?  そう、ロックミュージカルを映画化した「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」。性転換に失敗したパンクロッカーがバンドを率いてドサ回りを続ける姿を通して、はみ出し者にエールを送った、あの傑作です。この映画を観て、真っ先に連想したのがジェイン・カウンティだった。というか、“これは絶対彼女に影響を受けているに違いない!”と思い、監督・原作・主演のジョン・キャメロン・ミッチェルへの取材の際に、その疑問をぶつけてみた。が、返ってきた答えは“ノー"。ただし映画の公開後、彼は知人を通してジェイン・カウンティを紹介されたという。ジェインは偶然にも、ミッチェルの家の近くにあるクラブでDJをしていたらしい。ともあれ、ジェインが現在でも音楽に関わっているのを知ることができたのは、大きな収穫だった。

 写真はウェイン/ジェイン・カウンティ&ザ・エレクリック・チェアーズ、1982年リリース、シングルのみで発表した曲を含むベスト盤。『TRYING TO GET ON THE RADIO』はヘドウィグ級に泣ける大名曲。

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD]

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD]

muramura 2004/10/07 01:56 ジェイン・カウンティという人は知りませんでした。ヘドウィグ級の名曲、といわれると聴かぬわけには参りますまい!そういえば、いつだったかにリリースされたヘドウィグのトリビュート盤に収録されていた、ジョン・キャメロン・ミッチェルの新曲もなかなかにいい曲でした。

gakusgakus 2004/10/07 02:26 ジョン・キャメロン・ミッチェルと一緒に「ヘドウィグ」の曲を作った人(名前忘れた…)も、メロディメイカーとして優れた人ですよね。もしかして、その新曲はこの人とのコラボですかね。ジェイン・カウンティは、ぜひチェックしてみてください! オリジナルアルバムはまったくCD化されていないので、コンピ盤を探してみてください。

muramura 2004/10/07 02:31 そうそう、その人(スティーブン・トラスク)との共作でした。もはやヘドウィグの新曲と言ってもよいのでは?

gakusgakus 2004/10/07 02:43 そうそう、トラスクさんです。ジョン・キャメロン・ミッチェルはそろそろ新作映画にとりかかるはずですが、今度はどんな映画になるんでしょうね。

muramura 2004/10/07 02:49 以前に読んだインタビューでは「次はセックス映画だ!」みたなことを言っていて、枯れかけの30代としてはちょっとビビった覚えがあります。

gakusgakus 2004/10/07 03:11 この人のセックス映画って、いったい…。ゲイであることをカミングアウトしてらっしゃるから、やはりそちら中心なのでしょうか…。

flashpapaflashpapa 2005/05/24 23:43 ヘドウィグは私の人生ベスト1映画なのでジョンに取材されたことが書いてあったので興奮してしまいました。何か他にもジョンについて教えていただけると嬉しいです。

gakusgakus 2005/05/25 04:49 初めまして! 4年以上まえの話なので細部は失念しておりますが、「ヘドウィグ」が「ロッキー・ホラー・ショー」のようにファンに愛されていることについては、嬉しい反面、複雑でもあるようでした。「ロッキー〜」のように陽気な映画ではないから…としきりに語っていらしたので。それともうひとつ、これは鮮明に記憶に残っているのですが、アーティストとしての今後のプランを尋ねた際、“とにかく子供が欲しい”と。それが立場上困難であると認めたうえで、“それでも子育ては親しかできないアートだから”と仰られていました。物腰こそ柔らかですが、芯のある人だな、という印象を受けました。
この取材時の記事は、確か公開開始時の『Weeklyぴあ』に掲載されていたと記憶しております。面倒でなければ、探してみてください。私もどこかに保存してあるはずなのですが…。

flashpapaflashpapa 2005/06/24 01:51 貴重な情報ありがとうございました。
おっしゃる通り芯のある方だからこそあれだけ魂の入った
作品が作れるのだと改めて思いました。
ぴあは探してみますね。

gakusgakus 2005/06/24 05:07 そういえば、今年の夏に公開される「ターネーション」というドキュメンタリー映画で、ジョンは製作総指揮を務めています。こちらもぜひチェックしてみてください。

RamoneRamone 2006/11/17 13:11 はじめまして。オレはウェイン・カウンティが大好きで高校のころレコードを買いあさり
オカマのハードコアバンドもしてました。そしてリアリティが欲しくなりオカマバーにも就職したことも(笑)そんなオレも40歳。オレから観ると「ヘドウィグ」はウェイン・カウンティのパクリの何者でもありません。だから「ヘドウィグ」の映画が大嫌いでし
た。良くぞ聞いてくれた!何がNO!やねん!しかしウェイン・カウンティが元気でなによりです。そしてウェイン・カウンティを取り上げてくれてありがとうございます。

gakusgakus 2006/11/17 14:07 Ramoneさん、初めまして、コメントありがとうございました。同い歳ですね(笑)。楽曲がエレクトリック・チェアーズと似ていたことも、「ヘドウィグ」の発想につながってるのと思い質問をぶつけてみましたが…。ウェイン・カウンティはもっと再評価されていいバンドだと思いますが、再発の状況が厳しいのがネックです。Ramoneさんのような熱い反応をいただけると、取り上げて良かったと思います。こちらこそ、ありがとうございました!

チュチュ姫チュチュ姫 2006/12/04 06:15 ヘドウィグは、興味本位で観たのだけど、ハマりました!ウェイン・カウンティのことを知ったのが最近なので、それのパクリってのは思いつかなかったなあ。ところで、ウェイン・カウンティというのは、ミシガンに実際にある地域で、そこにUS最大の女子刑務所があるから、芸名にしたそうです。実は、私は、そのウェイン・カウンティに住んでいるのです!

gakusgakus 2006/12/04 06:46 『ニョーヨーク・ドール』のDVD、日本では来年リリースなので“海外の方かな”とは思いましたが。もしやデトロイト・ロック・シティ在住ですか!? 私はモータウンやイギー・ポップ好きでもあるので、デトロイトにはある種、聖地のような空気を感じております。一度行ってみたいなあ…。