映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-10-10 ビルの好きな音楽

gakus2004-10-10

 アマゾンで購入した「キル・ビルVol.2」のDVDが到着。スクリーンで観て以来、気になっていたところを、さっそくチェック…といってもたいしたことではないのですが。

 ブライドが中国山中への修業に出る直前、ビルに“今度はいつ逢えるの?"と尋ねるが、それに対するピルの答えは“それは俺の好きな70年代ソウルの曲名だ"。で、ブライドのセリフでもある、この曲名をボンヤリ聞き過ごして気になっていたのですが、改めてみてみると『WHEN I WILL SEE YOU AGAIN』と言っている。これはスリー・ディグリーズの1974年のヒット曲。フィラデルフィアソウルのスタイリッシュなナンバーに目をつけるのは「ジッャキー・ブラウン」での選曲はもちろん、「パルプ・フィクション」の『LET'S STAY TOGETHER』の起用も思い起こさせる。

 対して冒頭、虐殺現場となるまえの教会で、サミュエル・L・ジャクソンふんするピアノ奏者は、ルーファス・トーマスのバックで演奏したり、アーチー・ベル&ドレルズやコースターズ、バーケイズ、クール&ザ・ギャングのテキサス公演で一緒にプレイしたという。ピアノ奏者のサザンソウル指向を的確に表わしているが、こういう泥臭い傾向のソウルにまで目が利くタランティーノの趣味の広さは、さすがレコードコレクター。

 レコードコレクターにもいろいろいて、ひとつのアテーィストを追いかけ、同じレコードの仕様違いを多数集めているピンポイントタイプもいれば、幅広く面白い音(時にはジャケ)を探して求めている雑食型もいる。タランティーノは後者に近いのだろう。私も、どちらかというとこちらのタイプであることは、このブログでも明らかですね…。

 ジャケは「VOl.1」のサントラに収録されず、「Vol.2」の方で晴れて収められた梶芽衣子の『怨み節』。ご存じ「女囚さそり」シリーズの主題歌。一本の映画の中に、こんな情念渦巻くド演歌まで盛り込むんだからタランティーノ、かなりの雑食です。