映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-10-30 ゾンビVSレコードコレクター

gakus2004-10-30

 12月22日にDVDリリースされる英国製のコメディー版「ゾンビ」、「ショーン・オブ・ザ・デッド」を、とうとう観ました。(関連日記6月8日9月7日)

 親友である居候の麻薬の売人エドに振り回され、連日パブ通いを続けている、ごく普通の青年ショーン。自堕落な生活のせいで、恋人にフラれ、兄貴に怒られるなどサエない日々を過ごしている。そこに降って沸いたのが人工衛星の爆破が原因と思われる、街の人々のゾンビ化。ショーンは未練の残る恋人と最愛の母親を命がけで助け出し、パブに立てこもる…。

 ゾンビの目を欺くために屍の演技をして、その群れを潜り抜けるなどのバカバカしいギャグは、期待を裏切らない面白さ。一方で、ゾンビ撃退のバイオレンスや内臓をえぐりだすゾンビの襲撃など、ゴア度も意外に高めで、ゾンビ映画ファンの期待も裏切らない出来ではないか、と。

 で、音楽ネタ。スペシャルズの『GHOSTTOWN』は冒頭でフィーチャー。以前、日記にも書いたザ・スミス/THE SMITHSの『PANIC』は、ショーンが見ているTVで一瞬、クリップが流れるだけ。車でゾンビの群れから逃げようとするシーンでは、車内のカセットでアッシュ/ASHの『ORPHEUS』が一瞬流れ、その後の大逃走シーンでは同じくアッシュの『MELTDOWN』が。ここはスピード感たっぷり。アッシュはもう一曲、エンドロールで『EVERYBODY’S HAPPY NOWADAYS』(バズコックス/BUZZCOKSのカバー)がフィーチャーされる。もっとも笑ったのは、パブでクイーン/QUEENの『DON’T STOP ME NOW』がジュークボックスから大音量で流れるシーン。入り込んできたゾンビを、ビリヤードのキューでリズムに併せてボコボコボ殴るのは、バカバカしいほどミュージカル的でした。→ASH『MELTDOWN』『ORPHEUS』収録のアルバム。

Meltdown

Meltdown

 もうひとつ、ゾンビの頭をかち割るために、レコード盤を投げるシーンがあるが、ショーンは、それはダメ、それはOKと、投げる盤に関してエドにイチイチ注文をつける。これは予告編にもあるシーンで、そこではプリンス/PRINCEのアルバム・ネタになっていたが、他にもこんなのが。


  エド「『ブルー・マンデー』は?」(注:ニュー・オーダー/NEW ORDERのヒット曲)

  ショーン「ダメ。初回盤だ」

  エド「ダイアー・ストレイツ

  ショーン「OK」

  エド「ストーン・ローゼズ」

  ショーン「ダメだ」

  エド「『SECOND COMING』だぞ!?」

  ショーン「俺は好きなんだよ!」


 muraさん、ゴメンなさい、またダイアー・ストレイツを出してしまいました。初回盤にこだわるあたりにコレクター気質が、よく表われています。というわけで、メインジャケは私も好きなTHE STONE ROSES『SECOND COMING』。


Shaun of the Dead

Shaun of the Dead

muramura 2004/10/31 04:05 その3枚、僕にはどれも投げられません。

gakusgakus 2004/10/31 04:10 もちろん私も投げませんよ、ダイアー・ストレイツも(笑)。だいたい投げてもいいレコードなんて、引越しのタイミング等で燃えないゴミに出しちゃうからなあ…。

muramura 2004/10/31 04:13 ダイアー・ストレイツがボコられやすいのは、パンク全盛期のレッド・ツェッペリンみたいな扱いなんでしょうかねえ。

gakusgakus 2004/10/31 04:18 そうそう、そんな感じ。キャリアが長くなるほど、そのひとつ下の世代のロックファンからは突き上げを食らうものですよ。バンドと一緒にファンも歳とるわけで、若いヤツもそれなりに地位やキャリアを築くのだから、その下の世代にウザッたがられるのはしょうがない。今も若い世代に認められてる人なんて、ポール・ウェラーぐらいでは。

muramura 2004/10/31 04:46 下の世代でハゲップラーへのリスペクトを表明してくれたのは、アズテック・カメラのロディ・フレイムくらいかも。ちぇ。

gakusgakus 2004/10/31 04:54 そのロディ・フレイムも今や隠居状態ですからねえ…。“壁のストラマーのポスターがはがれて…”という泣かせる歌もありました。

muramura 2004/11/01 02:05 そうそう、『レッツ・ロック・アゲイン!』見ました。「愚痴らない男」ストラマーが、観光客に手描きのチラシを配ったりしてライブの宣伝をするという、ファンには心臓に悪いような切ないシーン満載の、泣ける映画でした。

gakusgakus 2004/11/01 02:17 おお、観ましたか! ジョー、さすが男です。私はDVDリリースまで待ち、かな…。