映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-12-06 70過ぎて下積み途中

gakus2004-12-06

 ブルース・ムービー・プロジェクトの集大成的なコンサート・ドキュメンタリー「ライトニング・イン・ア・ボトル」(05年2月公開)を観る。

 2003年2月、ブルース生誕百年を記念してNYで行なわれたコンサートの模様を収めている。ソロモン・バーク、B.B.キング、バディ・ガイ、メイヴィス・ステイプルズなどの黒人音楽の重要人物から、ジョン・フォガティ、エアロスミスのスティーブン・タイラー&ジョー・ペリー、ドクター・ジョンなどなど、入れ代わり立ち代わり、さまざまなアテーティストが登場してはホットなパフォーマンスを披露。いずれも甲乙つけがたい演奏で、どれかひとつ印象に残るものを挙げろといわれると困ってしまう。

 気になったことを一点。ソロモン・バークはずっと座りっぱなしで野太いシャウトを聴かせるが、対照的に客は立ち上がって踊りまくっている。よく見ると客席は白人ばっか。最後に“戦争反対”と言ってパフォーマンス終了。この後パブリック・エネミーのチャック・Dが『ブーン・ブーン』を、反戦のメッセージをこめた替え歌にして歌い、おそらくこの日のなかではもっとも激しいステージを見せるのだが、なぜか客席はみんな座っている。引いているのか? ブルースを聴く主要層はコンサバ白人なのか?“70歳を過ぎてまだ下積みさ”…と、あるブルースマンが劇中でブルースの奥深さについて語っていたが、“ブルースっ渋いよね”と気取ってる白人が主要な客層だとしたら、やっぱイヤだなあ。まあ思い過ごしかもしれませんが。

 チラシの集合写真にはジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン(現ブルース・エクスプロージョン)の面々も並んでいるが、なぜか劇中ではパフォーマンスは見られない。誰でも一聴くしてわかる定型ブルースではなく、彼らのような破壊・再構築した“今の”ブルースを聴かせるのも、意義のあることだと思うが…。

 以下、余談。ジョンスペど同様に、“今の”ブルースをやっているバンド、22-20sのライブを先日観ましたが、これまた大変インパクトのあるステージだった。荒々しいギターリフとやたらとパワフルなドラムにグイグイ引っ張られる演奏。4人組なのに重戦車級の迫力がある。イギリスからドンドン出てくるあまたの新人バンドとは、明らかに一線を画する硬派スタイル。アンコールではスリム・ハーポの『I'M A KING BEE』をカバーしていたが、これがやはり“今の”音になっている。この曲、「ライトニング・イン・ア・ボトル」ではエアロの2人が演奏しているが、カバーのスタンスの違いは歴然。こういう若い表現方法がブルースとして浸透しないと、ブルースそのものがコンサバ化するんじゃないか、と思ったりしました。

 ジャケはソロモン・バーク1965年のアルバム『THE BEST OF SOLOMON BURKE 』で、劇中オーディエンスを大いに盛り上げた『DOWN IN THE VALLEY』収録。この曲は、近年の映画では「2デイズ」で、オーティス・レディングによるバージョンが印象的に使われていました。

ライトニング・イン・ア・ボトル [DVD]

ライトニング・イン・ア・ボトル [DVD]

muramura 2004/12/07 05:36 確かに、客席の白人率の高さはちょっと気になりました。たまに黒人客を見かけて、ホッとしたり。でも60年代に英国がブルースを再発見して以来、一貫して支えてきたのは白人リスナーだったのではないでしょうか。ストーンズがチェスレコードを訪ねたとき、マディ・ウォーターズはペンキ塗りをやらされたいたという話もありますし……。

taco.taco. 2004/12/07 09:20 JBのライヴ映像見ても白人中心。60年代70年代の7inchを漁りまくるNorthern SoulやDeepFunk系のDJも白人。でも全米チャートを見るとHipHopや(今の)R&BのBlack Musicが中心。おっしゃる通りBluesやSoulはコンサバ化してるのかも。ロックンロール同様白人に奪われた音楽だってか?

gakusgakus 2004/12/07 10:56 >muraさん
仰るとおりです。ただチャック・Dのラジカルなパフォーマンスに対する冷ややかな反応は、どうしたものかと思ってしまうんです。マディ・ウォーターズのレコードに興奮した若き日のミック・ジャガーのような、若く柔軟な発想を持つオーディエンスもいてしかるべきではないかな、と。そうは言っても、これだけのメンツをそろえたのだからチケット代もバカにならないし、若い観客の興味も引けないんでしょう。
>taco.さん
売り上げという点でみると、モータウン以降のブラックミュージックは白人マーケットとのクロスオーバーを積極的に試みており、その成果が今につながっていると思います。それによって成功を収めたJBクラスの大物になると、チケットも高いし、この映画と同様それが客席に表われてくるのでしないでしょうか。あまり健全とは思いませんが、シーンは若い連中のものであってほしいとなあ、と。うまくいえないけれど、ファッションとして聴くのではなく、ドス黒い熱に引き寄せられて聴くのが健全かなと考えています。そういう意味では、ノーザソウルのDJがレコを血眼になって探す心理は、レコードコレクターとして理解できる(笑)。

muramura 2004/12/08 05:34 チャック・Dのパフォーマンスは、いろんな意味であのコンサートのハイライトだったと思います。でも客にしてみたら、あのハッチャケ・パワーに引いたというだけではなくて、やっぱりヒップホップをブルースの文脈に収められずに戸惑っていたのではという気もします。もうひとつ、「イラク戦争反対」というメッセージが、決してアメリカ人の平均的な認識と一致していなかった……というここも大きかったのではないでしょうか。なんだかんだで半数はブッシュ支持の国ですし。

gakusgakus 2004/12/09 01:34 そうそう、それらを差してコンザバである、と。『LEON』とか読んでる連中が“チョイ悪オヤジはブルースで口説く”とか、そんな記事読んで集まったんじゃねーのか…勝手に妄想してみたり…。

muramura 2004/12/09 02:59 (笑)。だいぶ前の話ですが、友人がクラプトンの来日コンサートに行ったとき、『ティアーズ・イン・ヘブン』っちゅうヌルい曲が始まって、「そうそうこの曲待ってたんだよね」というカップルの会話が聞こえたそうです。もちろん『レイラ』はアンプラグドでヨロシク!ってな感覚がマジョリティな世の中で生きていくには、もはや無人島で独立宣言するしかありますまい……。

gakusgakus 2004/12/09 11:47 そんなもんなんですか。あんなデカいところが、ブルースをやっちゃいけんいんだ!!!という気持ちにもなってきたなあ…。なんだか話が飲み屋でクダ巻いてるオヤジみたいになってしまいましたね(苦笑)。

Mocker!Mocker! 2004/12/10 23:42 ブルース・ムービー・プロジェクトの全作を渋谷のミニシアターで観ましたが、女性のひとり客が意外と多かったのに驚きました。でも、入れ替え時間のロビーでの喫煙率が他のミニシアターよりも高いのには「さすがブルース!」とひとりで納得していました。

gakusgakus 2004/12/11 11:47 (笑)エッジエンドの向かいの映画館ですね。あの界隈は、またブルースがよく似合いそうな…。