映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-12-07 今日はゴスペル

gakus2004-12-07

 ド田舎版「天使にラブソングを…」というべきコメディー「ファイティング・テンプテーションズ」(2005年1月公開)を観る。

 都会での生活に行き詰まったお調子者の黒人青年が、叔母の死の知らせを受けて米南部の田舎町に帰郷。そこで遺産を相続することになるが、そのための条件として、教会の聖歌隊の指揮をとり、コンクールに出場することが義務づけられる。足並みのそろわない聖歌隊に一本筋を通そうと、青年はバーの美しい歌姫を参加させるが、世俗音楽を歌っている上に未婚の母である彼女を教会は歓迎せず、前途は多難…。

 MTVが製作にからんでいるので、音楽の見せ場がやたらと多く、ゴスペルのパフォーマンスはしっかり聞かせる。とはいえ、いわゆる正統派の教会音楽ではなく、“主を讃えていれば何でもいい”というよくわからない論理から、R&Bやヒップホップも挿入され、賑やかこのうえない。デスティニーズ・チャイルドビヨンセがヒロインを演じている点にも“華”を感じる。

 そのビヨンセ嬢、初登場はバーのステージのシーンで、いきなりソウル・クラシック『FEVER』をジャズ風アレンジで色気たっぷりに歌ってしまう。もちろん、聖歌隊の核となってからも熱唱の連続。主人公の青年(キューバ・グッディングJr.)との恋模様も演じて、女優業もしっかりこなす。

 音楽を元ザ・タイムで1980年代の売れっ子プロデューサーコンビ、ジミー・ジャム&テリー・ルイスが務めている。ジャネット・ジャクソンあたりの当時のヒット曲のように、リズムにメリハリがあるのはこの人たちの特徴だが、それが本作の音楽にも生きていて、躍動感はなかなかのもの。2時間を超える作品だが、乗せられて観てしまいました。

 ジャケは、ビヨンセがカバーした『FEVER』の超ファンキー・バージョン収録、MARIE QUEENIE LYONS、1970年のアルバム『SOUL FEVER』。

taco.taco. 2004/12/08 10:15 ビヨンセって最近は『ビヨン様』って言うらしいよ。
ゴスペルを歌うってのは『自分は本物のヴォーカリストだ』という自己主張に思えてしまうのは僕だけ?しかも映画で主役ときたもんだ。でもビヨンセ好きです。ケツのデカいのも気にしません。
しかしgakusさんソウル詳しいねえ。凄いや。

gakusgakus 2004/12/09 01:30 女王様扱いですな。私自身ビヨン様のことをよく知らないので、そのぶん先入観がなく楽しめたのかも。今、日本に来ているらしいね。

muramura 2004/12/09 15:34 ビヨン様って凄いっすよ。酔狂でデスチャのアルバムを聴いたら、ジャンルは違えど「お前キャプテン・ビーフハートか!?」と思うほどラジカルな曲が入っていたり。しかもセルフプロデュースで23歳であの貫禄でセクシーボディで……。

gakusgakus 2004/12/09 22:51 23歳はウソだろ〜。