映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-12-13 新旧ガレージロックの遭遇

gakus2004-12-13

 12月10日の日記に続いて、ジム・ジャームッシュの新作「コーヒー&シガレッツ」について。

 オムニバスのこの映画、テーブルを挟んで何組かが会話してるだけの話ですが、そのメンツは面白い。「スパイダーマン2」のアルフレッド・モリーナと「24パーティ・ピープル」のスティーブ・クーガンによる英国人同士の顔合わせ、ケイト・ブランシェットの2役は、とりわけ絶妙。ミュージシャンではトム・ウェイツイギー・ポップが医学と音楽の関係について無意味に語り、ウータン・クランのGZAとRZAのコンビには「ロスト・イン・トランスレーション」のビル・マーレイが絡む。

 また、ホワイト・ストライプスのジャック&メグ・ホワイトも2人そろって出演して、しっかり芝居している。テスラ・コイルについて語りメグを諭してしていたジャックだったが、実は…という展開。ジャックは一応「コールド・マウンテン」への出演経験もあるし、雑誌のインタビューでもスポークスマン的になっているが、対して地味な存在のメグが本作では後半いきなり饒舌になり、それがオチにつながってくる。

 ホワイト・ストライプスの逸話では、カフェ店内でストゥージズ/STOOGESの『DOWN ON THE STREET』が鳴っていて、オッと思わせる。デトロイトの新旧ガレージ・シーンがこのエピソードで繋がった感じ。

 ジャケは、ホワイト・ストライプスが最近発表したシングル『JOLENE』。先日出たライブDVDからのシングルで、ドリー・パートンの同名曲をヘビーなブルース・タッチでカバーしてます。AMAZONから、このDVDの発送のお知らせが本日メールされていた。早く届け!