映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-12-16 What’s Going on?

gakus2004-12-16

 全米の興行収入チャートで今週第一位にランキングしている「オーシャンズ12」(2005年1月公開予定)は、ご存じのとおり、「オーシャンズ11」の続編。映画の内容はともかく、音楽はメチャクチャかっこいい。ハモンドのうねりがグルーヴィーで、ファンキー。伊達男たちの犯罪劇には、これ以上なくマッチしている。前作もそうだったが、こういう音はアナログで欲しくなる。

 既成曲とスコアの境目がよくわからなかったが、裏を返せば音楽に統一感があることの表われでもある。ともかく、サントラをチェックせねばと思い、ネットで検索してみたら、いろいろ使われてたんですね。ボビー・ブルー・ブランドのブルース、ニール・ダイアモンドのボーカル曲、映画「キャンディ」の挿入歌などなど、渋めのところがズラリ。「キャンディ」のサントラは数年前から(アナログで)探しているのだが、なかなか見つからない。

 ツェッペリンの『カシミール』、サイケデリック・ファーズの『プリティ・イン・ピンク』もクレジットされているが、これは本人たちの演奏ではなく、おそらくセリフの引用ではないかと思われる。で、マーヴィン・ゲイの『ホワッツ・ゴーイン・オン』が本人のパフォームでクレジットされているのだが、これがどこでかかったのか、まったく記憶にない。

 ジャケはその『ホワッツ・ゴーイン・オン』収録、1971年の傑作同名アルバム。聴くほどに深みが出てくる素晴らしさ。こういうのを名盤というんでしょうな。

オーシャンズ 12 [DVD]

オーシャンズ 12 [DVD]

muramura 2004/12/20 13:28 (ネタばれ注意!)確か、オーシャンたちの謎かけみたいな会話に切羽詰ったマット・デイモンが、思わず口走ったセリフが『カシミール』の歌詞。店を出たブラピ曰く「カシミールかよ…」。でも字幕では「ツェッペリン」になっていたような気が。

gakusgakus 2004/12/21 00:24 あ、そうツェッペリンになってましたよ、確か。あれは歌詞の引用でしたか。つーことはファーズもそうかも。