映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-12-20 ケータイは身を助ける

gakus2004-12-20

 キム・ベイシンガー主演の「セルラー」(来年2月公開)は、「フォーン・ブース」で久々にヒットを放った脚本家ラリー・コーエンが再び電話を活かして送り出した都市型スリラー。誘拐された人妻(ベイシンガー)が助けを求めるべく、破壊された電話のワイヤーをつなげて信号を送り、それが何とか、ある青年の携帯電話につながる。この通話が途切れてしまうとヒロインは絶体絶命。そこで青年は充電切れや圏外エリアへの侵入を避けつつ、悪戦苦闘することになる。

 この映画、ロックやらハウスやら、いろいろ使われているが、ほとんど聴き覚えのない曲ばかり。ただエンド・クレジットのSONG LISTを観ていたら、G.LOVEの名が頻繁に出てきた。よく聴くと、このエンドクレジットに被さるナンバーも、G.LOVEっぽいフォーキーでリズミカルなナンバー。さらにSONG LISTの後には、わざわざSPECIAL THANKSで、G.LOVEの名が再登場。どういう貢献の仕方をしたのか、気になるところです。

 ジャケは1994年リリース、G.LOVE & SPECIAL SAUCEの1stアルバム。買った当時、あまり好きになれずに中古盤店に売ってしまった。が、今聴くとツボにはまるかも…と、「セルラー」のエンドクレジットを眺めつつ、ちょっと後悔。

セルラー [DVD]

セルラー [DVD]