映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2004-12-21 ダブリン上等!

gakus2004-12-21

 という邦題からして脱力を禁じえないけれど、その「ダブリン上等!」(2月公開)を観ました。

 道徳観念が欠如したチンピラ、失恋した青年とインポに悩むその友人、妻子ある男との恋に走る青年の恋人、その妹であるヒゲの映えた女、クビになってバス運転手、TV番組に出たいタフガイ気取りの刑事など、ダブリン在住の問題を抱えたキャラクターが右往左往する群像劇。ユーモアの感覚は「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」にも似て、庶民的でリアル。好感の持てる映画でした。宣伝上のピジュアルではチンピラ役のコリン・ファレルが押し出されているが、彼だけにスポットが当たるわけではなく、いわゆるアンサンブル・キャスト。

 オープニングでかかるのは、やはりアイルランドつながりのU2。初期も初期、1980年のファーストアルバム『BOY』(写真)収録で、アイルランドでのデビューEPにも収められている『OUT OF CONTROL』が威勢良く鳴り響く。久しぶりに耳にしたが、このころのU2、いかにもUKインディーズ系バンドのギター音を響かせていて、ちょっと微笑ましい。ちなみに、この曲、本編ラストにもフィーチャーされている。

 他のアイリッシュ勢では、クラナド/CLANNADのナンバーが、刑事の車(ケルト音楽のファンという設定)で鳴っていたりする。その車を盗んだ青年が、刑事に“この曲は最悪だ"というのが笑えた。

 明日はコリン・ファレルが歌う、あの曲について。

ダブリン上等! [DVD]

ダブリン上等! [DVD]