映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-01-07 ダメ女映画の選曲

gakus2005-01-07

 ダメ男映画があるなら、ダメ女映画だってあってもいいはずで、そんな隙間を埋めるかのようにヒットした「ブリジット・ジョーンズの日記」。来月その続編が公開されるが、いったいどんなお話になるのでしょう…。

 「ブリジット・ジョーンズの日記」は、独身女性の日常を生臭いまでに描きつつも、ヒロインの奮闘が懸命さに裏打ちされているので、男の目から見ても好感が持てた。生臭さにしても裏を返せばリアルの現われで、それが同性の共感を引き付けたからこそ、ヒットしたのだろう。

 ダメ女映画では、観客の共感を引きつけるうえで選曲は重要なポイントとなる。「ロミーとミッシェルの場合」で『FOOTLOOSE』を歌わせたり、キャメロン・ディアスサンドラ・ブロック主演作でそれっぽい曲が部屋のオーディオから流れたりと、その辺の気配りは細かい。「ブリジット・ジョーンズの日記」では、『ALL BY MESELF』なんて、いかにも一般的なOLが好みそうだし、やたらとソウルが使われいるのも、この辺の曲をAORとして聴いてる女性が多いことの表われのよう。さてさて続編では一体どんな選曲になるやら、気になるところ…。

 この映画もそうだし、サンドラ・ブロックの「トゥー・ウィークス・ノーティス」もそうだったが、アレサ・フランクリンの『RESPECT』が使用されているのは、女性を軽く見がちな男どもへの往復ビンタのように思える。ジャケは、その曲を収めた1967年のアルバム『I NEVER LOVED A MAN THE WAY I LOVE YOU』。

taco.taco. 2005/01/09 21:47 mixi友達の友達にブリジットって名前の女性がいて、この映画が公開になった時友人3人から別々に『アンタの事思い出した。』言われたそうです。それでmixi加入の際にブリジットにしたんだと。どんな人何だ?…そういう人なんでしょうね(笑)。若干気の毒な気も。

gakusgakus 2005/01/10 00:20 “知り合いに似てる”とか“これ、私?”とか思う人は、この映画の場合、けっこう多いかも。我々が「ハイ・フィデリティ」の主人公を観て、“これ俺だよ、俺!”と思うようなものですね(笑)。

taco.taco. 2005/01/10 01:09 登場人物に自分を併せてみれるも映画の醍醐味の一つかも知れませんね。

gakusgakus 2005/01/10 03:06 いかにも。劇中のキャラに自分を投影できないと、なかなか映画に入り込めないですからね。