映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-01-14 どこが観た&聴いたような…

gakus2005-01-14

 昨日の「ブリジット・ジョーンズの日記/きれそうな私の12か月」で、『EVERLASTING LOVE』がU2のカバーで「ヴェロニカ・ゲリン」に使われたと記したが、他にも「ブリジット〜」では、どこかで似たような使われ方をしていたような…という気にさせる楽曲が多い。

 例えばアレサ・フランクリンの『THINK』は、「ブルース・ブラザース」でご本人が歌っているをはじめ、さまざまな映画で使用されている。「ブリジット…」一作目では、1月7日の日記に記したとおり、同じアレサの『RESPECT』が使われていて、ちょっと混乱。また、本編中の最後にマーヴィン・ゲイの『LET'S GET IT ON』がかかるが、「ハイ・フィデリティ」のエンディングも確かそうだった。タイでブリジットがマジックマッシュルームでトンじゃうシーンにプライマル・スクリームの『LOADED』…というのも、定石どおりというか。プライマルなんて、どの映画でもドラッグでトンでるシーンばっか…。

 ワーキングタイトルの作品は音楽の使い方が上手いし、今回も的は外していないと思うが、斬新さに欠けるのは寂しい気もする。ストレートであることが悪いと言っているのではありません、念のため。ただ、もう少し意外性のある選曲があってもいいのではないか、と。ヒュー・グラントといいムードになってしまうシーンで10CCの『I'M NOT IN LOVE』がかかったところで、当たり前過ぎて逆にシラケちゃうだよなあ…ヒューを“愛してない"とはいえ。

 ジャケはジャンキー・ブリジットのテーマ『LOADED』収録のプライマル・スクリーム1991年リリース、言わずと知れたクラブ定番『SCREAMADELICA』。なんだかんだ言いましたが、正直に白状すると、この曲のイントロが劇中で鳴ったとき、思わず吹き出しました…。

taco.taco. 2005/01/15 15:18 貴殿の買ったスクリーマデリカは私の家にあるのでは?(笑)。
お決まりのバックトラックは確かにつまらない。コメディ見てて「ここで笑って下さい。」とテロップが入っちゃうようなもんだよね。

gakusgakus 2005/01/16 19:09 トレードした不完全版『NEVERMIND』ともども、その後、買い直しました(苦笑)。