映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-02-07 ジャージー・ガール

gakus2005-02-07

 「ジェイ&サイレント・ボブ/帝国への逆襲」に続く、ケビン・スミス監督の新作「世界で一番パパが好き!」(3月公開)を観る。

 出産時の事故で妻を亡くし、職をも失って、ニューヨークから故郷ニュージャージーに戻った音楽宣伝エージェント(ベン・アフレック)。7歳になる娘の子育てに追われつつもNYでの刺激的な生活を忘れられず復職の機会をうかがっている彼に、やがて故郷か都会かの選択を迫られる時がくる。ケビン・スミスが“パーソンルな映画”と語るとおり、数年前に父親となった彼の心情が強く反映されていると思われる。とはいえ、大人になれない主人公像は、スミス作品ならではで、その辺のリアリティのある描写は今回も上手い。

 原題は「JERSEY GIRL」で、このタイトルを聞いて以来、トム・ウェイツの同名曲と関係があるのかな…と思っていたが、エンディングで使われているのは、ブルース・スプリングスティーンによるカバーで、アナログでは5枚組だったライブアルバム『LIVE1975-85』(写真)のバージョンと思われる。これ、スプリングスティーンの地元ニュージャージーでの公演を収めていて、歌詞にニュージャージーが出てくるとオーディエンスがやたらと沸く。この映画では、それがまた効果的で、歌同様にほのぼのとしんみりさせられる。久しぶりに聴いたが、いい曲や…。

 明日はこの映画の他の曲について。

世界で一番パパが好き! [DVD]

世界で一番パパが好き! [DVD]

muramura 2005/02/08 20:55 先日のブライアン・アダムスに続いて、gakusさんがスプリングスティーンとは意外な! 王道アメリカン・ロックよりもブリティッシュ系かお好きだと勝手に思い込んでいたもので…。5枚組ライブ盤、当時はそのボリュームにビックリしたもんですが、CD時代になって聴き直したら、わりと普通に思えました。

gakusgakus 2005/02/09 01:00 スプリングスティーンも実は学生時代、ライブ観てまして…。まあ、雑食だったということで(苦笑)。CDだと3枚ぐらいでまとまってるんですかね。

muramura 2005/02/09 03:57 そうっすよね。初期バナナラマを知ってるgakusさんが、スプリングスティーンのライブぐらい(笑)。例のライブ盤、やはりCDでは3枚組みのようです。やっぱり当時の来日公演でも、ボスは4時間くらい演奏したんですか?

gakusgakus 2005/02/09 13:14 フェス形式のライブだったので、そんなにやらなかったかなあ。それでも2時間はやっていたと思いますが、今となっては記憶もあやふや。『PROMISED LAND』に泣きそうになったのは覚えています。

muramura 2005/02/10 02:13 ボスがフェス形式で来日してたなんて知りませんでした。一体誰と出ていたのやら。そういえば昔、ビリー・ジョエルがトリを務めるフェスっぽいコンサートを東京ドームで見ました。他の出演者がボズ・スキャッグス、アート・ガーファンクル、フーターズにインペリテリ。ヘンなメンツだったなあ……。

gakusgakus 2005/02/10 02:47 ヒューマン・ライツというタイトルで、88年ぐらいに東京ドームでやった人権擁護のイベントだったはず。他にピーター・ガブリエルとトレイシー・チャプマンが出てましたよ。あ、会場着いたら、竜童組が演奏してました…。フーターズ観たのは羨ましいなあ。いまだに大好きなバンドです。

muramura 2005/02/11 02:19 それ、知ってますよ!確か大昔にテレビで見た覚えが。日本にも来ていたとは知りませんでした。確かその時は、スティングも出ていて、スプリングスティーンが「Every Breath You Take」を歌ったら、無茶上手くてビックリしました。最近でフーターズの声を聴くのって、たまに街で流れる「Time After Time」のバックコーラスくらいっすよね……。

gakusgakus 2005/02/11 11:32 テーマのあるフェスならではのカバーですね。そういえば、来日時には何かのシングルのB面でやっていたディランの『CHIMES OF FREEDOM』を演奏していたような気が。フーターズはアルバム出すほどにクオリティが高まったものの、売り上げが反比例してしまったかわいそうなバンドだと思います。