映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-02-10 革命万歳

gakus2005-02-10

「グッバイ、レーニン!」のダニエル・ブリュールが主演した「ベルリン、僕らの革命」(春公開)について。

 ブルジョワ家庭の留守宅に忍び込んでは高価な物品をいじり倒し、何も盗まず“ぜいたくは終わりだ"などの警告を書き残しては立ち去るという、革命的な“運動”を繰り返す、ふたりの青年。その片方の恋人が、もう片方の男とデキてしまい、彼らの“運動"は絶体絶命の危機を迎えてしまう。3人は、ブルジョワ家庭のある主人を拉致・監禁するハメになり、愛憎も手伝って分裂の危機に。理想を追う者の高潔さと青臭さ、挫折感が良く伝わってくる青春映画でした。昨年・一昨年のドイツでの学生運動の盛り上がりが、この映画の背景にあるとのこと。

 クライマックス、3人の心がバラバラになってしまった後に、延々とフィーチャーされるのが故ジェフ・バックリィの『HALLELUJAH』。ギターの弾き語りというシンプルな演奏をバックに、バックリィの清潔感あふれるボーカルがろうろう響き渡る。このナンバー、結局エンディングまで2度、3度と繰り返されるので、これまで一度も聴いたことがない人の頭にも、きっとこびりついてしまうだろう。エンディングを美しく引き立てるナイスなセレクト。

 ジェフ・バックリィのバージョンが最近では有名だが、オリジナルはレナード・コーエンで、1985年のアルバム『VARIOUS POSITIONS』に収録。オリジナルはドラムやベースも入っていて、ゴスペル調のコーラスが被さる。残念ながらコーエンもバックリィもさほど思い入れがないので、どちらのバージョンも持っていないな…と思ったら、レナード・コーエンの1994年のライブ・アルバム『COHEN LIVE』(写真)に入っていた。「ナチュラル・ボーン・キラーズ」を観た後に何枚かコーエンのCDを買ったが、その後中古盤屋に売ってしまい、これだけが残ってました。

ベルリン、僕らの革命 [DVD]

ベルリン、僕らの革命 [DVD]

muramura 2005/02/11 02:22 「Hallelujah」なら、『シュレック』のジョン・ケイル・バージョンがかかるシーンは必ず泣きます。確かサントラ未収録で、コーエンのトリビュート・アルバムでないと聴けないんですよね。サントラには替わりにルーファス・ウェインライトの「Hallelujah」が入っていたような。それはそれで良さそうですけどね。

gakusgakus 2005/02/11 11:36 そうだ、「シュレック」! 他の映画でも聴いたな…とずっと考えていたのですが思いだせず、おかげでスッキリしました。そういえばmuraさん、以前にもこのシーンが大好きだと仰ってましたね。ちなみに、「ベルリン、僕らの革命」のサントラにもジェフ・バックリィのバージョンは収録されていません。それについては今日(2/10)の日記で、後ほど記します。

taco.taco. 2005/02/11 12:30 日本のアーティストAIR(車谷浩司)が12月のライヴで「Hallelujah」を弾き語りして初めてこの曲を知りました。色んな人がやってるんですね。

gakusgakus 2005/02/12 06:17 >muraさん 上記(2/10)は、(2/11)の誤りです。たいしたこは書いてませんが・・・。
>taco.さん そうそう、ハッピー・マンデーズとか(笑)。冗談はともかく、最近でもアリソン・クロウというアーティストがカバーしているようです。