映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-02-12 レディオ・ガガ

gakus2005-02-12

 昨秋の劇場公開時に見逃していた「僕はラジオ」(3月2日ビデオ発売)を観る。

 ハイスクールのアメフト・コーチ(エド・ハリス)と知的障害を持つ黒人青年(キューバ・グッディングJr.)の交流を、実話に基づいて描いた物語。青年に何か生きる目的をあたえようと、コーチは彼に練習の助手をさせるが、それが街に思わぬ波紋を広げることになる…。コーチの行動に対しては異論もあるだろうが、“正しい(と信じた)ことをする"のが、いかに難しいかを描いた作品としては一本筋が通っていると思う。

 ラジオとは青年のあだ名で、いつもトランジスタラジオを持ち歩いて、お気に入りのブラック・ミュージック専門局をかけっばなしにしている。時代は1970年代半ば、ディスコ・ブームのちょっと前。アイズレー・ブラザースやスピナーズ、アル・グリーンなど、当時一世を風靡したソウル・グループがAM音声を通して流れてきて、時代の空気と地方都市ののどかさにしっかりと寄り添う。MTVのない時代の、ラジオの最後の幸福期を見たような気がした。

 ジャケはスティービー・ワンダー、1971年のアルバム『MUSIC OF MY MIND』。ここに収録された『SUPERWOMAN(WHERE WERE YOU WHEN I NEED YOU)』は、コーチが青年に初めて声をかけたとき、青年のラジオから流れてくる。スティービーのナンバーでは他に、バスケットの試合のシーンで『WE CAN WORK IT OUT』(ビートルズのカバー)が使われている。

僕はラジオ [DVD]

僕はラジオ [DVD]