映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-02-16 泣けるオアシス

gakus2005-02-16

 MTV『PUNK'D』のホスト(と言うよりデミ・ムーアの年下の恋人と言った方が通りが良い)アシュトン・カッチャー主演のスリラー「バタフライ・エフェクト」(4月公開)を観る。

 幼いころから部分的な記憶喪失(=ブラックアウト)を起こしては失神している大学生(カッチャー)。記憶の欠落部を記した日記を読むことで、過去をやり直せることを悟った彼は、幼なじみの友人たちの現在の苦境を知り、皆を幸福にするため、何度となく人生をリバースすることになる。

 欠落した、その部分に大きな秘密があると思いきや、それはわりとどうでもよく、むしろ主人公が最良のパターンを模索する、その奔走ぶりに焦点が当てられている(同傾向の映画には数年前に観た「リバース」なる隠れた傑作あり)。友人や母、そして初恋の人のための奔走は、やがて主人公をある決断へと導き、哀切な結末へと観る者を誘う。

 そんな切なさを引き立たせるべく、エンディングで鳴り響くのがオアシス/OASISの『STOP CRYING YOUR HEART OUT』。“過ぎた時間を変えることはできない。君の笑顔が輝き続けますように…" という歌詞は、まさに主人公の心を代弁している。オアシスの曲の中では『SLIDE WAWAY』路線(というか、まんま『SLIDE AWAY』)に位置する好バラッドだが、泣きのメロディーも、この映画に関してはド真ん中に収まっている。

ジャケは、2002年リリースのオアシスのアルバム『HEATHEN CHENISTRY』からの、2枚目のシングル『STOP CRYING YOUR HEART OUT』。

ディグ・アウト・ユア・ソウル(初回生産限定盤)(DVD付)

ディグ・アウト・ユア・ソウル(初回生産限定盤)(DVD付)

タイム・フライズ・・・1994-2009(初回生産限定盤)(DVD付)

タイム・フライズ・・・1994-2009(初回生産限定盤)(DVD付)

muramura 2005/02/17 03:34 『PUNK’D』のカッチャーは、バカ丸出しな上に品がないので嫌いなのですが、『バタフライ…』はかなり前にTVの紹介を見て、ずっと気になっておりました。gakusさんのコメントでも良さげな感じなので、観るのが楽しみです。自分の中でのOASISは、『ROCKIN’ CHAIR』で止まっております。OASISの全盛期も、すっかり昔になっちまいましたねえ。

gakusgakus 2005/02/17 14:13 そういえば、muraさんの好きなハル・ベリーも『PUNK’D』の餌食になってましたね(笑)。「バタフライ〜」は意外性のある作品なので、楽しめると思いますよ。オアシスに熱中したのは私も2NDまででした。今年4月、ニューアルバムが出るようです。

muramura 2005/02/19 02:03 すっかり世間から黒人好きの烙印(?)を押されております……。『PUNK’D』のベリーは、珍しくナイスな人柄を感じさせて好印象でしたね。苦労している分、ハングリー精神を見せすぎる人だと思っていたので、意外な面が見られました。それに関しては『PUNK’D』に感謝!

gakusgakus 2005/02/19 04:39 「キャット・ウーマン」のDVDも4月には出るようですが、どうしたもんですかね。大の大人が買うのも恥ずかしいけど、無視するわけにもいかないような(笑)。

muramura 2005/02/19 06:24 海外出張に行ったわたくしの愚父が飛行機で『キャットウーマン』を観たらしく、「あのベッピンさんに完全ノックアウト!」とのこと。映画の出来を超越した、ベリーのポヨンボヨンパワーに脱帽です! もっとも奴は、過去に『エントラップメント』でも同じようなことを言っておりましたが…。

gakusgakus 2005/02/19 16:13 欧米用のペプシの新CMでは、J.Loとビヨンセが黒レザー・コスチュームで登場するそうです。お父様には、こちらもオススメしておきます(笑)。