映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-02-22 ブレイド礼賛

gakus2005-02-22

 「スター・ウォーズ」のエピソード靴茲蠅盍僂燭い、それ以上に観たかったのが「ブレイド3」! 期待にたがわぬデキで、燃えに燃えて観てしまいました。

 ウェズリー・スナイプスふんする吸血鬼ハンター、ブレイドの活躍を描いたシリーズ3作目。今回はすべての吸血鬼の祖先としてドラキュラが登場し、ブレイドを苦しめる。しかし、どんな敵が現われようと、ブレイドブレイド。ポーズ決めまくりのアクションはもちろん、吸血鬼吸血鬼を崇拝する人間は皆殺しというポリシーも徹底的に貫かれ、色恋に走りかけて失速したパート2に比べて、ブレイドの魅力は濃厚さを増した。冒頭のナレーションからして“世に伝わる吸血鬼の伝説は嘘だ。真実はブレイドに始まり、ブレイドに終わる"ときた。ここまで俺流キャラを強調されると、もはや潔くて気持ちよい。俺流とはいえ、説教臭いことをヌカしたりしない。ただ行動あるのみの、というのがいい。MP3でBGMを聴きつつ戦闘意欲を高め、ブレイドを援護するヒロイン、ジェシカ・ビール(「テキサス・チェーンソー」)の爆裂ファイターぶりも素晴らしく、「バイオハザード」のミラもかすんでしまいそう。

 このシリーズ、ハードなデジタル・ミュージックばかりを起用しているので、今回も知ってるナンバーはないだろうと思いきや、ありましたよ、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドが。フィギュアからバイブレーターまでドラキュラ・グッズを扱うお店が劇中で登場するが、そこで流れているのが『VENUS IN FURS』。ゴスファッションの生意気な男女のガキが店員を務めており、その趣味なのだろう。そうか、ヴェルヴェッツはゴスにも支持層がいるのか…これは意外な発見。このガキどもは、さらに“本物の”ドラキュラの餌食となる、という点でも貢献してくれた。

ちなみにこのシーンの場面転換と同時にバックの音楽も切り替わり、またも打ち込み系のナンバーがかかるが、これが『VENUS IN FURS』と違和感のないつなぎ。編集者のナイスなDJワークである。

 ジャケは、もちろんヴェルヴェット・アンダーグラウンド、1967年の1st。今さら改めて出すのも、ちょっと恥ずかしいんですけどね…。