映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-03-17 ポルトガル語のボウイ・ソング

gakus2005-03-17

 昨日に続いて、「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」に続くウェス・アンダーソン監督の新作「ライフ・アクアティック」に関するお話し。

 この映画、どういうワケかデビッド・ボウイの曲がたっぷり使われている。とはいえ、ボウイによるオリジナル・バージョンが使われているのは『LIFE ON MARS?』『QUEEN BITCH』の2曲だけ。他は「シティ・オブ・ゴッド」で2枚目マネを演じたセウ・ジョウジふんする船の乗組員がアコギを爪弾きながら、要所要所でボウイの歌をポルトガル語で歌っている。役割としては「メリーに首ったけ」におけるジョナサン・リッチマン的な配置か!? 船上パーティーではひとり『STAR MAN』を、ビル・マーレイふんする映画監督と息子の再会のシーンの脇では『CHANGES』を、航海初日には『ROCK'N'ROLL SUICIDE』を、しんみりとプレイ。『REBEL REBEL』のようなノリの良い曲もしっかり聴かせるのには驚いた。ラストで本家『QUEEN BITCH』がかかった後のエンドクレジットでは、その脇に出てきてこの曲をフルコーラス、カバーする大サービス。ある意味、主演のビル・マーレイに匹敵する存在感あり、である。

 他に、過去のアンダーソン作品同様の絶妙な選曲多数。「天才マックスの世界」のモッズ選曲を思わせるところではゾンビーズの『THE WAY I FEEL INSIDE』が、とあるキャラの葬送シーンで味を出していた。「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」でのニコの起用を思わせる女性ボーカルの妙という点では、気球の飛翔時にかかるジョーン・バエズの『HERE'S TO YOU』が印象深い。

 ジャケは、ラストでのオリジナルとカバーの連発によって、本作でもっとも印象に残る『QUEEN BITCH』収録、DAVID BOWIE、1971年のアルバム『HUNKY DORY』。