映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-03-18 海中生活は続く

gakus2005-03-18

 昨日に続いて、またまた「ライフ・アクアティック」について。思い出したことがあったので、忘れないうちに記しておこうと思います。

 この映画のスコアを担当しているのは、パンク以後のアメリカのニューウェーブシーンをリードしたバンド、ディーヴォ/DEVOのマーク・マザーズボー。DEVOそのままのピコピコした電子音楽が、CGによる深海魚も飛び出してくる、どこかチープな海中映像にマッチしている。そういえば、撮影隊がかぶっている、頭頂部に突起がある揃いの毛糸の帽子はDEVOのファッション・センスにも似たものがある。

 DEVOのナンバーも本編中に使われていて、撮影隊が出航準備しているシーンで『GUT FEELING』が流れてくる。ドラムが刻む8ビートにギター、シンセが重なり、出航の高揚感を高めるナイスなフィーチャー。

 久しぶりにこの曲を聴いて思ったのは、最近イギリスで人気のあるバンドは、ほとんどDEVOの影響を受けているんじゃないかな、ということ。いわゆる80'sリバイバルと呼ばれるバンドはもちろん、フランツ・フェルディナンドのギターの神経質そうな響きにもその影響をみてとれる。米国発のバンドでも、ストロークスなんてガレージと呼ぶよりはむしろこっちの系統に近いし、新しめのことろではBRAVERYなんか、もろ初期のDEVOだなあ、と感じる。

 そんなワケで、ジャケは現在のミュージックシーンにも通じるニューウェーブの源流、DEVO、1978年のファースト・アルバム『ARE WE NOT MAN? WE ARE DEVO!』。もちろん『GUT FEELING』収録。そろそろ再評価されてもいいころでは。