映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-03-19 教科書的良質セレクト

gakus2005-03-19

3月16日の日記で記したイギー・ポップ&ザ・ストゥージズ『SEARCH & DESTROY』が使用される、もうひとつの映画「ワンダーランド」について。

 1970年代を代表するポルノ映画のスターである巨根俳優ジョン・ホームズを主人公にした、この映画。LAのワーンダーランド通りで発生し、ホームズが関連したとされる殺人事件の真相を検証しながら、彼とその妻、愛人の関係をみつめた物語である。ミステリーの要素と人間ドラマがうまく噛みあっていない気もするが、そこは「ブギーナイツ」のモデルとなったほどのお人、ダメ人間のやるせなさは伝わってくる。ヴァル・キルマー好演。

 音楽のセレクトは、ロッククラシックというべきもの。ボブ・ディラン『MIGHTY QUINN』、T-REX『20TH CENTURY BOY』、ロキシー・ミュージックファンカデリックらの全盛期のナンバーから、事件が起こった1981年という時期にリンクするカーズ『GOOD TIMES ROLL』、デュラン・デュラン『GIRLS ON FILM』、ビリー・ジョエル『BIG SHOT』、ジョーン・ジェット『BAD REPUTATION』まで、楽曲が氾濫している。ドラッグによる倦怠感に包まれた部屋で、パティ・スミス『GLORIA』やルー・リード『SATELITE OF LOVE』などのNY派のナンバーがフィーチャーされるのは、何か含みでもあるのか…。ともあれ、この時代の良質のロックナンバーが並んでいると思う。

 ジャケはエンドロール、最後の最後に流れる『STRANGER IN A STRANGE LAND』を収録したレオン・ラッセル、1971年のアルバム『LEON RUSSELL AND SHELTER PEOPLE』。ブルージーなスワンプの、これまた名曲。

ワンダーランド [DVD]

ワンダーランド [DVD]