映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-03-24 唯一無二の奇人

gakus2005-03-24

 今は亡き奇人アーティスト、クラウス・ノミのドキュメンタリー「ノミ・ソング」(6月公開)を観る。

 ドイツからNYへ移住し、アンダーグランドのアートシーンで頭角を現わし、異星人であることを自称。一度観たら忘れられない強烈なビジュアルで脚光を浴び、アングラシーンのスターとなるも、エイズで世を去る。映画は、そんなノミがたどったアーティストとしての道のりをとらえている。

 関係者がさまざまな証言を寄せるものの、口をそろえて言うのは、とにかく“奇人だった”ということ。彼を撮ったフォトグラファーは、“人間以外の何かをカメラに収めたような”と語り、バンド仲間は“(彼がメジャー・デビューして)音楽性が変わった、ノミの個性を除いて”と言う。もう、これだけでトンでもない人なんだな、という人がわかる。とはいえ、百聞は一見にしかず。現存する映像からは、パントマイムともロックとも違う、何ともいえず奇妙な、不動にして唯一無二の個性が見えてくるに違いない。

 面白いのは、ノミがどういう人間だったのか、我々が理解しうるレベルではまったく伝わってこないこと。これは映画のせいではなく、もうクラウス・ノミはノミでしかありえないということの表れなのだろう。近しいはずの関係者が“奇人中の奇人”と言うからには、そうなんだ…と受け止めるしかない。また、ある関係者はこんなことも言っていた“ノミは繊細で、感情を表に出さない”と。それだけ、わかりにくい人だったのだろう。

 というわけで、1982年リリースのクラウス・ノミの1stアルバムのジャケを。これだけでも初めて観る人には衝撃的なのでは…。一度聴いたら忘れられない“のーみー、のーみー"の愛らしいフレーズも印象的、タイトルにもなった『NOMI SONG』を収録。

ノミ・ソング [DVD]

ノミ・ソング [DVD]