映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-03-25 奇人とボウイおばさん

gakus2005-03-25

 昨日記した故クラウス・ノミのドキュメンタリー「ノミ・ソング」には、デビッド・ボウイが1979年に『サタデー・ナイト・ライヴ』に出演した際のビデオ・フッテージが収められている。バックで踊っているのが、まだデビュー前のノミ。この時ノミはすでにNYのアンダーグランドではスターとなっており、新しいモノに敏感なボウイが声をかけ、同番組でバックコーラスを務めることになったとか。演奏されるのは『THE MAN WHO SOLD THE WORLD』『TVC15』『BOYS KEEP SWINGING』。この映像はこれまでブートのビデオでしか出回っておらず、公式にはおそらくこれが初の蔵出しではないだろうか。全部見れないのが惜しい。

f:id:gakus:20050326001519:image

 それはともかくボウイの女装、かっこ悪いんだよね、これが…。ノミのような奇人が妙な格好をするのはともかく、ここでのボウイはおばさんである。(上の写真、中央ボウイ、ノミは右)

 ニューウェーブ全盛期はアーティストがビジュアルの奇抜さを競うような状況で、それはそれで面白かったが、当時の世の流れは、それをファッションに結びつけようと必死だったような気がする。中性的だったり、不自然なほど無機質な感覚を漂わせていたり。パルコやセゾンの広告は、いかにもそんな感じだったなあ。テクノカットなんて、今や恥ずかしくて、なかなかやれるものではない。

 表層の部分は消えても、良い音楽は今も残る。というわけで、ジャケは1978年、デビッド・ボウイのアルバム『LODGER』。『BOYS KEEP SWINGING』収録。『DJ』『LOOK BACK IN ANGER』からこの曲へと続くB面の流れ、かっこいいんだよね、これが…。

ノミ・ソング [DVD]

ノミ・ソング [DVD]

nekoyama69nekoyama69 2005/03/26 09:04 初めまして!「猟人日記」サントラについて、検索しててこちらへお邪魔しました。 とても参考になりました!サントラ購入は見合せて、5月発売予定のベル・セバのベストを買おう思います。
クラウス・ノミですか!欧米では評価が高いんですね。さすが。ドイツの変人ぶりはまた独特ですね。 ゴシックとテクノの融合でしょうか? 髪型云々といえば ジェミー(化粧品の会社?)社長さんのヘアスタイルがノミに通じてると思えます。
ボウイおばさんにはつい笑みがこぼれてしまいます。
ところで ボウイ出演の「ハンガー」がも一度みたいと思っているのですが、ご存知ですか?

gakusgakus 2005/03/26 16:40 初めまして! ベルセバのシングル集は悶絶しちゃいますね。表題曲はもちろんカップリングにもよい曲が多いので、これは嬉しいです。クラウス・ノミの音楽は私も詳しくはないのですが、ニューウェーブ風のあの時代特有の音にテナーが乗っかった、独特の感触がありますね。今聴いても新鮮ではないかと思います。ボウイの「ハンガー」は好きな映画の一本です。あのころのボウイは、別にコテコテ装飾しなくても、存在しているだけで異様な雰囲気があったと思っております。ともあれ、今後ともよろしくです〜。