映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-03-26 キツい食べ合わせ

gakus2005-03-26

 一昨日、昨日にふれた「ノミ・ソング」について、またまた思い出したことがあったので書いておきます。

 昨日記したデビッド・ボウイのバックでのTV出演によって、クラウス・ノミの知名度は広がり、勢いに乗ってアメリカ・ツアーに出発する。各地で熱狂的に歓迎されたのは、アングラ・シーンのヒーローにしては喜ばしい出来事だったが、ニュージャージーだけは勝手が違ったとか。労働者が集まるクラブでの演奏。しかも前座は、こちらもデビュー前のツイステッド・シスター。そう、後にハードロック・シーンに躍り出るケバいメイクの、あのツイステッド・シスターだ。

f:id:gakus:20050327044032:image

こんなのの後に、こんなのが出てくるのである。

f:id:gakus:20050327044136:image

 分厚いステーキの後に、脂の乗ったシメ鯖が出てくるような、食い合わせの悪いコース。どちらも濃いには違いないが、質が違う。ともにメイクをしているアーティストとはいえ、音楽性は水と油。ノミのバンドのドラマーが“労働者の前でアートをやるなんて、怖かった”と正直にカミングアウトしているのがおかしい。

 ふと思い出したが、こういう異様な組み合わせは、田舎の映画館の2本立にありがち。個人的には中学生のときに観た「青い珊瑚礁」と「13日の金曜日」の2本立を連想してしまった。

 ジャケは、ツイステッド・シスター1984年の大ヒット・アルバム『STAY HUNGRY』。このジャケのボーカルの人を、ウチの嫁は“長髪のタケちゃんマン"と呼んでいる。

taco.taco. 2005/03/27 11:35 その田舎で「ブリキの太鼓」と「ラ・ブーム」の2本立て観ました。ツイステッド・シスターは再結成して上記アルバムのリメイクを出した模様。リメイクってのは珍しい。彼らのライヴも映画で観られるの?

gakusgakus 2005/03/27 13:33 「ブリキの太鼓」は「ワン・フロム・ザ・ハート」と観た覚えがあります。「ラ・ブーム」は…何と観たんだっけな…。ツイステッド・シスターのリメイク! この歳になって再演する『WE’RE NOT GONNA TAKE IT』、『MY GENERATION』をやり続けるwho的スピリットが素敵ですな。ライブは映像に収められていなかったらしく、インタビューで語られるのみ。ツイステッド〜のギタリストがコメントしています。

taco.taco. 2005/03/28 10:05 あれ?「ワン・フロム・ザ・ハート」が一緒だったか?「ラ・ブーム」は何だったかな?東京は色々な映画が観られますが、田舎の強引な2本立ては時々懐かしくなります。「ブリキの太鼓」を観たとき僕は中学生。刺激が強すぎました。

gakusgakus 2005/03/28 13:28 「ラ・ブーム」の併映、思い出せないなあ…ソフィー・マルソー見たさに2度劇場に行ったのは覚えてますが(苦笑)。「ブリキの太鼓」は確かに刺激的でした。おかけであれ以来、成長が止まったような気がします…。

Mocker!Mocker! 2005/03/29 13:27 「ラ・ブーム」は僕の地元では「15才の夏」という青春映画と2本立てでした。おそらくスプラッシュと呼ばれる2本立て用に地方のみで上映された作品だと思います。このスプラッシュ作品は意外な拾い物が多かったんですよね。

gakusgakus 2005/03/29 22:03 そう、それです!スプラッシュ作品らしい、3色刷りのパッとしないポスターだったような記憶が…。確かに、「ラ・ブーム」より面白かったと思います。