映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-03-29 イキの良いゴミ

gakus2005-03-29

 4月にリリースされるガービッジ/GABAGEのニュー・アルバム『BLEED LIKE ME』をチョロッと聴かせてもらったが、これがギターを前面に押し出したロック・アルバムでビックリ。シングル『WHY DO YOU LOVE ME』は、とりわけビートか速く、やたらとイキが良い。前作の『BEAUTIFIL GARBAGE』が打ち込みキツすぎで、ちょっと退屈した身としては歓迎すべき変化だが、前作が好きという方にはどう聴こえるのか…ファン離れが不安でもあります。

 デビュー以来10年、マリリン・マンソンとともにゴスの双璧をなし、映画に出てくるゴス少年・少女のセリフからもその名が聴かれるようになったガービッジ(個人的には全然ゴスとは思わないんだけど)。実際、映画でも頻繁に耳にするようになり、007シリーズの「ワールド・イズ・ノット・イナフ」の主題歌を手がけたのは周知のとおり。これ以外ではやはり「ロミオ&ジュリエット」や「パラサイト」などの青春映画での起用が多いが、個人的に気に入ってるのはアダム・サンドラー主演の「ビッグ・ダディ」での『WHEN I GROW UP』の起用。アダムふんする大人になれないダメ男が、やむをえず男の子の父親代わりとなり、子供と公園で遊ぶシーンでフィーチャーされていたが、弾けるような気持ちよさを感じさせ、なかなかの好印象。『WHEN I GROW UP』自体、ガービッジの曲中では異質の明るさがあり、コメディーにフィットするのみならず、いつまでもグローアップしない主人公像にもお似合い。

 「ビッグ・ダディ」のDVDの特典映像にはこの曲のPVが収められていて、ボーカルのシャーリー・マンソンがミニスカ姿で、シャロン・ストーンばりの脚の組み換えを披露したり、蹴りをかましたりと、おきゃんな姿を見せる。メイクがキツいせいか、あまりエロは感じないんだけど、それを置いても、スカッといい感じ。

 ジャケは『WHEN I GROW UP』収録、1998年のセカンド・アルバム『VERSION 2.0』。このナンバーは確か、このアルバムからの3枚目ぐらいのシングルカット曲だったと記憶している。


ビッグ・ダディ [DVD]

ビッグ・ダディ [DVD]

ブリード・ライク・ミー

ブリード・ライク・ミー

taco.taco. 2005/03/30 10:40 >ギターを前面に押し出したロック・アルバム
ベテラン勢の最新作はこのパターンがトレンドか?
GARBAGEの新しいPV観ましたがシャーリー・マンソン老けたね〜。デビュー10年だもんね。

gakusgakus 2005/03/30 14:18 ギターの音が薄い音はどーも好きになれないので、この傾向、個人的には嬉しいですけどね。シャーリーはGARBAGE以前のキャリアも10年ぐらいあるから、老けるわけですよ。