映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-04-22 角材刑事<デカ>

gakus2005-04-22

 WWFのスーパースターにして、今や客を呼べるアクション・スター、ザ・ロックの、「スコーピオン・キング」「ランダウン」に続く主演第3作「ワイルド・タウン/英雄伝説」(5月公開)を観る。

 1970年代に製作された「ウォーキング・トール」のリメイクで、除隊・帰郷した元特殊部隊員(ザ・ロック)が、故郷の荒廃に怒り、保安官となった悪の根源であるカジノ王に立ち向かうという物語。「ウォーキング・トール」は主人公にふんするジョン・ドーン・ベイカーの仏頂面や2時間を超える長尺もあってヘビーな印象を受けたが、今回のリメイクはロック様主演とあって徹底して陽性で、時にコミカル、そのうえ上映時間は80分強! 相棒役が「JACASS」のジョニー・ノックスヴィルであることも軽いノリを主張する。こんな人たちが法の番人を務めるのはいかがなものか…とも思うが、映画的に楽しければ良し。ノリが軽いぶん、アクションは重量感があるのでバランスはとれている(?)。以前の主演作と同様、ロック様のアクションは銃撃戦のウェイトが軽く、あくまで肉弾戦中心。敵はバンバン撃ってくるものの、モノともせず接近して反撃。パンチや膝蹴りの一撃一撃に重い痛みを感じさせるのがいい。ひと昔前のアウトロー映画のような感じ。そういえば、ブロンソンポール・ニューマンリー・マービンのゲンコツって、何だか痛そうだったよなあ…。

 痛いといえば、ロック様が唯一、武器にするものは“木”。クライマックスでは大きい木の枝を振り回して、敵の斧に対抗。加えて、前半カジノに角材を持って乗り込み、大暴れするシーンのインパクトは凄まじく、配給の方によると「角材刑事」という何ともファビュラスな邦題も検討されたという。手近なモノを武器にするのも、アウトローならでは。

 ともかく、音楽もこれに併せて70年代モノが中心。オープニングのオールマン・ブラザーズ・バンドから一気にレイドバック。「炎のメモリアル」では消防隊員がカラオケで歌っていたオハイオ・プレイヤーズの『FIRE』がストリップ・シーン(お姉ちゃんが消防士のコスチュームをまとって登場)でフィーチャーされる。ドクター・ジョンの『RIGHT PLACE, WRONG TIME』はロック様とノックスヴィルが麻薬の売人をドヤすシーンをファンキーに演出。ラブシーンでかかる歌、どっかで聴いたことがあるな…と思ったらニュー・オーダー『BLUE MONDAY』のカバーで、女性ボーカル、そして当然オリジナルとはまったく異なるフォーキーな雰囲気。

 最近のアクションは、スコアにしても既成曲のフィーチャーにしても、デジタル・ビートで盛り上げるのが常套手段となりつつある。それはそれで良いけれど、こういうブルージーな選曲のアウトロー映画も、やっぱりいいもんだなあと思う。

 ジャケはドクター・ジョン、『RIGHT PLACE, WRONG TIME』収録、1973年のアルバム『IN THE RIGHT PLACE』。

muramura 2005/04/24 01:27 角材刑事、いいですねえ。実際には刑事じゃなくて保安官ですけど。とにかくあんなゲンコツ映画が、21世紀に製作されたことだけでも奇蹟。ロックさま万歳です。WWE(WWF改め)とは契約切れ状態らしいのが気になりますが……。

gakusgakus 2005/04/24 19:58 そうそう、良い意味で前時代的なアクションでした。ロック様を主演で起用する以上、肉弾アクション必須なので、現代的な銃撃戦にはなりにくいのでしょう。稀有なキャラですな。

taco.taco. 2005/04/25 15:43 かつて角材を持って入場するキャラがWWEにいました。木材はアメリカの象徴だとか言ってた。ロック様はWWEから「The Rock」の名前の権利を買い取ろうとしてたみたいだけど、どうなったんたろう?それよりリング復帰が望ましいんですが。美技「People’s Elbow」が見たいよ。

muramura 2005/04/26 01:38 われらがロック様は、主演映画では必ず、ロックボトムやとんぼ返りなど、おなじみの必殺技やムーブを見せてくれるナイスガイですけど、さすがに美技「People’s Elbow」は難しいっすねえ……。あの技がハマるアクション映画があったら、感動&失禁モノです。

gakusgakus 2005/04/26 11:18 People’s Elbow、なんか旧共産圏のレスラーがやってそうな技の名前ですな。どんな技が観てみたいです。角材も、そもそもWWEのアイデアでしたか。さすがアダルト・ディズニー、ロマンがありますね(笑)。

muramura 2005/04/26 22:04 gakusさん、「People’s Elbow」見るとマジで腰抜けますよ。自分がロック様にゾッコンになったのも、「People’s Elbow」を目撃したことがキッカケだった気がします。感激するか、爆笑するか、ともかくロック様がWWEに復帰してくれないと、永遠に封印されるかも、です……。

gakusgakus 2005/04/27 16:44 それはぜひWWEに復帰していただかないといけませんね。うがった見方ですが、脱退騒ぎもWWEお得意のお芝居だったりして。