映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-04-28 こんな村いやだー

gakus2005-04-28

 スポーツ至上主義国、アメリカの一断面が垣間見える新作を2題。ひとつは「プライド/栄光への絆」(5月公開)、もうひとつは「コーチ・カーター」(夏公開)。

 実話に基づく「プライド」は、高校アメフトのシーズンになると町中がその話題で持ちきりとなる1980年代後半の田舎町を舞台に、敵チームのみならずプレッシャーとも戦う高校生たちの奮闘を描いたもの。選手のガンバリに熱さはあるが、それ以上に町の大人たちのスポーツ・バカっぷりがエキセントリックで興味深い。オラが町の高校が負けたと騒いでは監督の家に投石したり、選手の親は息子をクズあつかいしたり。戦うことで食っているプロならいざ知らず、高校生のガキに何を期待しているんだ、この人たちは…と思わずにいられない。

 そんな思いを、そのまま「コーチ・カーター」のサミュエル・L・ジャクソンふんする主人公が劇中でぶちまけてくれた。こちらはスラムの高校の弱小バスケットボール・チームを立て直すコーチの話で、ちょっと強くなったと思ったら、町中の人たちがいきなり、このチームに期待しだし、ついにはコーチ・サミュエルに“プロと同じことを望むな!”と説教される。「プライド」以来、たまっていた胸のつかえが、ここで晴れた気分に。

 スポーツオンチの自分は、とてもこんな町じゃあ生きてきけないよなあ。ナードとかルーザーとか呼ばれて白眼視されるのが目に見えている。

 それぞれ音楽のことも。前者は1980年代後半という時代を反映し、当時の高校生が好んで聴いていそうなナンバーがズラリ。パーティーのシーンでPOISONなどのハードロック系、ランDMCなどのヒップホップ系ががかかっていた。試合のシーンでは確か、PUBLIC ENEMYも使われていたような。一方の「コーチ・カーター」は現代のスラムということで、やはりヒップホップ中心。こちらは知らないアーティストばかり。R&Bの分野で最近よく名前を聞く新星アシャンティが、ひとりの選手の妊娠してしまった恋人役でスクリーン・デビューしています。

 写真はイギー&ザ・ストゥージズ/IGGY & THE STOOGES、昨年リリースのDVD『Live in Detroit 2003』。「プライド」では試合のシーンで、彼らのおなじみの曲『I WANNA BE YOUR DOG』がフィーチャーされる。イギー・ポップ先生の雄姿がイカすジャケの、このDVDにももちろん収録。これ、なかなか国内盤出ないなあ…と思っていたら、輸入盤ではライヴCDも来月リリースされるようです。

Telluric Chaos

Telluric Chaos