映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-05-10 ミックもいいけど…

gakus2005-05-10

 1月10日の日記で記した、ミック・ジャガーがサントラに参加した「アルフィー」を観る。

 1966年マイケル・ケイン主演による同名イギリス映画を、ジュード・ロウ主演でリメイクした恋愛コメディー。ジュードふんするプレイボーイが、派手な女性遍歴を重ねながら、愛について学んでいくという物語。今となっては、やられ尽くした感のある内容で、ともすれば嫌味にも見えそうなものだが、軽妙な雰囲気にうまく乗せられて、気持ちよく観てしまいました。

 ミック・ジャガーとデイヴ・スチュアートによるゴールデングローブ賞受賞曲『OLD HABITS DIE DARD』は、エンディングでのフィーチャー。泣かせます。このコンビによる他のサントラ収録曲もいい感じで、随所でエモーショナルなカラーを出している。また、エンドクレジットでは、66年のオリジナル版で使用された、バート・バカラックによる主題歌のジョス・ストーンによるカバーがフィーチャーされる。

 先に記した軽妙な空気は、上記のサントラ収録曲よりも、未収録の60〜70'sソウルやジャズに負うところが大きい。テディ・ペンダーグラス、アン・ピープルズ、インプレッションズなどのスムーズなグルーヴ・チューンが味を出す。とりわけプール・バーでのラブシーンでフィーチャーされるアイズレー・ブラザースの『FOR THE LOVE OF YOU』は色っぽくて印象的。

 もうひとつ印象に残ったのはソニー&シェールの『BEAT GOES ON』のスウィング・ジャズ風カバーで、これはスーザン・サランドンふんするグラマー熟女とジュード・ロウアブサン酒で酔っ払うシーンでフィーチャーされる。クレジットによるとバディ・リッチ・バンドというグループが演奏している模様。ボーカルがロリ声で、これがまた妙味。ジュードが乗ってるモッズ風スクーターともども、スウィンギング・ロンドンの時代に作られたオリジナル版への、さりげないオマージュととれなくもない。

 ジャケは、ソニー&シェールのオリジナル『BEAT GOES ON』を収録した1967年のアルバム『IN CASE YOU'RE IN LOVE』。