映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-06-02 あれは川、これは海

gakus2005-06-02

 夏の風物詩といえばサーフィン映画。今年は「ライディング・ジャイアンツ」なるドキュメンタリーが日本公開される。

 これは「DOG TOWN & Z-BOYS」でスケボー・カルチャーを描いたエクストリーム・スポーツのファン、ステイシー・ベラルタ監督がサーフィンの歴史に目を向けたもの。涼しげなサーフィンの映像を見せるというよりは、ビッグウェイブに乗ることを喜びとする、才能あふれるサーファーたちの人生や生き方に迫ったもので、限界に挑み、つねに生死の境で波に乗る者たちを見つめた硬派な内容。とはいえヘビーな映画ではなく、再現フィルムを織り交ぜた語り口はアップテンポで、気持ちよく観れてしまう。

 バラエティに富んだ選曲も妙味で、何が飛び出してくるわからない面白さがある。ディック・デイルのおなじみのアレやジャン&ディーンなどの定番サーフィン・ソングはもちろん、1950年代の逸話にはロカビリーストレイ・キャッツなど)が重なり、サーフィンのシーンはガレージやハードロック、デジタルロックで盛り上げる。そうかと思うと、DOVESの『FIRESUITE』がスコアのような自然さで流れてきたり。ダヴズのこのナンバー、同じくサーフィン映画『ブルー・クラッシュ』でも使われていたが、サーフィンとは縁のなさそうなマンチェスターのバンドの曲がサフーィン映画に好んで使われるのは妙な感じ。

 しかし、エンドクレジットにフィーチャーされるウォーターボーイズ/THE WATERBOYSの『THIS IS THE SEA』にはやられた。そうきたかー。ずっとユーモラスな選曲で映画は進んでいたが、ここで引き締まる。“今までの人生、あれは川だった。でも、これは海なんだよ"と歌うマイク・スコットのボーカルがまっすぐに響いてきて、グッとくる。映画のテーマにもっとも近い詞といえるのではないだろうか。できれば訳詩を字幕で出してほしかったが、クレジットの背景にもサーファーたちの姿が映し出され、時折インタビューも挿入されるので、しょうがないか。

 ジャケはもちろん、ウォータボーイズの1985年の3rdアルバム『THIS IS THE SEA』。リーダーのマイク・スコットは70年代末にジョー・ストラマーがそうであったように、誠実さという点で、アズテック・カメラのロディ・フレイムと並ぶ80年代の尊敬されるべき詩人ではないだろうか。日本盤には『自由への航海』という邦題がついていたが、それを“クサい”と感じさせないほどに真摯な歌い手であると思うが、どうでしょう。

ライディング・ジャイアンツ [DVD]

ライディング・ジャイアンツ [DVD]