映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-07-19 真夏のロック=ホラー・ショー2

gakus2005-07-19

[]

 昨日の「デモンズ」について書いたので、勢いついでにその続編「デモンズ2」を。

 前作から一年後の1986年に製作された、この続編は、前作の映画館から舞台をマンションに、デモンズ発生装置を映画からTVに変えただけ。密室と化した建物内で、人々が次々とゾンビもどきのデモンズに襲われ、同化していくのは一緒で、焼き直しといってもいい。が、人間がデモンズに変身するスピードに法則性がなくなり、つまりメチャクチャになって、怖けりゃなんでもいいというノリ。とはいえ、腐ってもマカロニ・ホラーで、バイオレンスだけは強烈です。

 メチャクチャといえば、音楽面でもツッコミどころあり。パーティーのシーンで、オーディオの近くにはクリストファー・クロスフィル・コリンズなど当時のビルボード売れ線モノのレコジャケが見えるが実際にかかっているのはTHE SMITHS『PANIC』、PETER MURPHY『BLUE HEART』、THE CULT『RAIN』(この曲はそのまま大殺戮シーンに重なる)などのアメリカでは売れそうもないUKインディー・チャート勢。いずれのアーティストも、この後はそこそこアメリカで成功を収めるのですが、ここではいかにも不自然。

 ただ、上記のとおり選曲に限るとマニアックで、他にもラブ&ロケッツ、フィールズ・オブ・ネフィリム、デッド・カン・ダンスなど、UKの元祖ゴス・アーティストがズラリと並ぶ。選者が趣味を出さないと、こうもきれいにまとまらないだろう。

 さらに驚かされるのは、新曲の取り込みの早さ。この映画、本国イタリアでは1986年10月にリリースされているが、ザ・スミスの『PANIC』がUKでリリースされたのは、そのわずか2か月前。PETER MURPHYに関しては記憶はあやふやだが、これも初夏〜夏ごろのリリースだったと思う。選曲者が耳にしてすぐに映画に取り入れたのは間違いない。このフットワークの軽さには脱帽。ハリウッド映画では、こうはいかないだろう。

 ジャケはPETER MURPHY、バウハウス解散後のファーストソロ・アルバム『SHOULD THE WORLD FAIL TO FALL APART』。このアルバムリリース直後、1986年9月のピーター・マーフィ来日公演は、怪しすぎるステージ・パフォーマンスゆえに今でも記憶が鮮明です。

デモンズ 2 [DVD]

デモンズ 2 [DVD]