映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-07-29 ジェシカ・アルバ祭り

gakus2005-07-29

 TV「ダーク・エンジェル」でおなじみのジェシカ・アルバが、今年に入り「シン・シティ」「ファンタスティック・フォー」と、映画の分野で次々と全米ナンバーワンヒットを放っている。で、本日はこの2作を立て続けに鑑賞。どちらもアメコミ原作らしく、非現実的な漫画的世界がうまく構築されていて、ツッコミどころもあるものの、それ自体が魅力的な作品となっている。

 「ファンタスティック・フォー」でのジェシカは、インビジブル・ウーマンこと、透明化する能力を得た女性科学者役。スーパー・ヒロインである。PG-13指定なのでいわゆる萌えどころは控えめだが、戦闘スーツは「ダーク・エンジェル」の時よりもタイトで、子連れのお父さんは大喜び必至。つーか、子連れを大義名分にして自分も劇場にもう一度観に行くやも。対する「シン・シティ」は日本の指定でさえR-15なので、それなりにバイオレンス色濃厚な映画ではあり、そこが魅力。ここでのジェシカはストリッパー役で、露骨な脱ぎっぷりは披露しないものの、ダンスやらレザーの衣装やら、妙にエロくてよい…。

 鼻の下を伸ばした話はこれぐらいにして、本題。といっても、この2本では知ってる曲はほとんど使われていませんでした。以上、終わり…にしたいんだけど、一応覚書き。「ファンタスティック・フォー」では、インビジブル・ウーマンの弟ヒューマン・トーチ、つまり人体自然発火男の登場するシーンにやたらと旬のロックをフィーチャーしていた。この人スノボ好きの今時の若者キャラで、この選曲からして10代のガキをターゲットにしていることがよくわかる。初登場のシーンはVELVET REVOLVER、ナースを誘って雪山でスノボをやるシーンではSUM41をフィーチャー。7月1日の日記で記した豪ガレージ版ファンタスティック4、T.F.F.の曲は聴いたことがないのでどう使われていたのかわからないが、使用されているとしたらヒューマン・トーチのシーンである可能性大。あと、エンドクレジットの一曲目はジョス・ストーンの“スーパーピーローがどうたらこうたら"という曲。

 「シン・シティ」ではジェシカが踊っているシーンでFLUKEが使われていたぐらいで、あとはロバート・ロドリゲス監督本人によるスコア主体。「ピーター・ガン」のテーマにも似たオープニングの曲がイカす。

 話をジェシカに戻すと、この人の主演作では9月に『INTO THE BLUE』という新作が全米公開される予定。これはジャクリーン・ビセット主演の「ザ・ディープ」のリメイク。すでにオフィシャルサイトでは予告編がアップされているが、ジャクリーン・ビセットの濡れたTシャツもよかったが、ジェシカのビキニ姿がまたいいんだ、コレが…結局、こっちの話になってしまうなあ。

 ジャケは、「ダーク・エンジェル」でブレイクする以前にジェシカ・アルバが端役で出演した「25年目のキス」使用曲、『LUCKY DENVER MINT』(名曲!)を収録した1999年リリース、JIMMY EAT WORLDのアルバム『CLARITY』。この曲、かなり良い使われ方をしていたはずで、ジェシカの出演シーンともども見直さないといかんなあと思った次第。

イントゥ・ザ・ブルー [DVD]

イントゥ・ザ・ブルー [DVD]

muramura 2005/07/30 17:38 いやあ、『25年目のキス』から目をつけていたジェシカが、ついに大ブレイクの予感。「こりゃたまらん!」というだけの記事を書く仕事をもらったりして、大喜びです。「ファンタスティック…」は、毎週テレビシリーズで見たいっすね。必ずジェシカが「また脱ぐの!?」って言うシーンがお約束で。

toco.toco. 2005/07/31 00:50 この場をお借りして一言。「muraさん、fuji rockのポーグスはいかがでしたか?」

muramura 2005/07/31 02:44 >taco.さん 下の方にもレスつけましたが、フジのポーグス、かなり盛り上がってましたよ。ただ「オイオイオイ!」系の凶暴な若者が多くて、ノリ違いのような気も少々…。内容は単独公演の短縮バージョン。テリー・ウッズが東京よりも声が出ていてオトコマエでした!

gakusgakus 2005/07/31 22:57 そうそう、透明化したと思ったら気を抜いて一瞬見えちゃうとか(笑)。今時の若いポーグス・ファンは、そっち方面から流れてくる子が多いようですよ。