映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-08-11 意外に硬派

gakus2005-08-11

 昨日に続いて、今秋公開のホラー映画「蝋人形の館」のお話を。

 エンドクレジットで3曲立て続けにダークなロック・ナンバーが流れるが、2曲目に登場したジョイ・ディヴィジョン/JOY DIVISIONの『NEW DAWN FADES』には不意を突かれた。前後の曲は知らないが今風のゴス・ナンバーで、どちらもそれなりに厚みのある曲だったが、これらに挟まれてスカスカの暗いナンバーが挟まっているのだから大胆といえば大胆。しかもベスト盤にさえ収められていない、ある意味通好みの曲である。

 「蝋人形の館」では、他にも“えっ!?"というような意外な選曲があり、イギー・ポップ&ザ・ストゥージズ/IGGY POP & THE STOOGESのナンバーでは『I WANNA BE YOUR DOG』『SEARCH AND DESTROY』のようなメジャー曲ではなく、2NDアルバムから『DIRT』が使われていたりする。そういえば、昨日紹介したインターポール/INTERPOLの『ROLAND』もシングルヒットしたナンバーではなく、アルバムの後半に位置する、あまり日の当たらない曲だった。

 ジョイ・ディヴィジョンの曲もストゥージズの曲にしても、どちらも内省的な詞と異様な雰囲気を持つナンバー。B級映画であるとはいえ、後に引く恐怖を演出しているという上では、選曲者のしっかりしたコダワリが感じられる。

 ジャケは『NEW DAWN FADES』収録、ジョイ・ディヴィジョン、1979年のファースト・アルバム『UNKNOWN PLEASURES』。ジャケのデザインがあまりに有名な名盤。先週のフジロックに出演したNEW ORDERは、このアルバムの『SHE'S LOST CONTROL』をアンコールでプレイしたとか。

taco.taco. 2005/08/12 09:57 イアン・カーティスに似た蝋人形は出てきませんでしたか?

gakusgakus 2005/08/12 15:30 イアンの蝋人形って、普通に蝋で作ってあるだけで十分怖そうですね。

taco.taco. 2005/08/12 23:41 しかもあの腕をクルクル回す独特の動きをしてたら、さらに怖い。

gakusgakus 2005/08/13 00:10 確かに! ジョイ・ディヴィジョンのメンバーで、蝋人形より実物が怖いのはピーター・フックぐらいでしょう(笑)。