映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-08-19 ダニー・ボーイ

gakus2005-08-19

 9月公開の「シンデレラマン」は、大恐慌時代に、有望なボクサー→物乞い同然の生活→世界チャンピオンという数奇な生をおくった実在のボクサー、ジム・ブラドックの物語。「ビューティフル・マインド」のロン・ハワード監督と主演のラッセル・クロウがコンビを再度コンビを組み、今回も大いに泣かせてくれます。それは置いておいて、この映画で印象に残ったシーンのひとつに、クライマックスのタイトルマッチ直前、控え室で試合を時を待つ主人公の脇で、マネージャー(ポール・ジャマッティ好演!)が寝転がって『ダニー・ボーイ』を鼻歌で歌っている…というのがありました。

 誰もが一度は耳にしたことのある、この名曲。息子を戦地に送り出す母親の心情を歌った歌詞が、そのままマネージャーの心情に重なったかのよう。情感豊かなメロディーも、鼻歌ではあるけれど、どん底からここまで這い上がった…という万感の思いにマッチしている。

 それと『ダニー・ボーイ』はもともとアイルランド生まれのメロディに、詞をつけたものなので、映画ではアイルランド系の心の拠り所のような使われ方をすることが多い。「シンデレラマン」の主人公ジム・ブラドックもアイリッシュ系なので、この部分でもなるほどと思わせる。

 とにかく、多くの映画で『ダニー・ボーイ』は使用されているが、個人的にもっともインパクトが強かったのは「ミラーズ・クロッシング」でのフィーチャー。アルバート・フィニーふんするアイリッシュ系ギャングのボスが深夜、自宅で敵の奇襲に遭いながらも、逃げようとする敵を追ってガウン姿のまま路上に飛び出し、マシンガンを乱射する。仁王立ちの、その堂々たる姿に『ダニー・ボーイ』のメロディが重なる。こんなアクションシーンで、大々的で使われること自体、意表を突かれたというのもあるが、以来『ダニー・ボーイ』を聴くとアルバート・フィニーの雄姿をどうしても思い出してしまう。

 ビング・クロスビーが大ヒットさせたことで有名な、この曲、多くのミュージシャンがカバーしている。自分が持っているものを探してみたら、やっぱりこれか…というわけでSHANE MacGOWAN & THE POPES、1996年リリースの4曲入りEP『CHRISTMAS PARTY』。フジロックを中心とした再結成ポーグス/The Poguesの来日公演で、元気な姿を見せてくれたシェーン。ちょっと太ってはいたが、それでももう観れないと思っていただけに、嬉しかったなあ…。

muramura 2005/08/21 01:48 げ、このシングル持ってない! 手元にあるシングルコンピ「The Rare Oul’ Stuff」には一応「Danny Boy」も「Christmas Lullaby」も入っているのに、「Hippy Hippy Shake」は未収録…。でもまあ、想像は付きますが(笑)。

gakusgakus 2005/08/21 10:39 想像どおりだと思います(笑)。SHANEはポーグス名義でも『DANNY BOY』をやってましたよね、確か。私はそっちを持っていない…。

muramura 2005/08/21 13:49 pogues名義の「Danny Boy」って、映画『ストレート・トゥ・ヘル』のですかね? 『ミラーズ・クロッシング』のあのシーンも強烈でしたけど、「Danny Boy」だと『ストレート〜』のユルい合唱シーンを思い出します。

gakusgakus 2005/08/21 20:36 いかにも、それです。私の持っているサントラには未収録ですが、再発盤には入っているようですよ。

muramura 2005/08/22 01:48 あれ?「Danny Boy」旧バージョンのサントラに未収録でしたっけ? なんだか聴いた気がするのですが、盗難などにあたせいで、自宅にあるのは再発盤のみで確認できません…。ついでに「Danny Boy」ネタ。『メンフィス・ベル』では、コピーキャットな殺人鬼が陽気に歌ってましたよね?

gakusgakus 2005/08/22 06:06 旧規格のサントラは現行のものの半分ぐらい(12曲)しか収録されてないんですよ。「メンフィス・ベル」は忘れてたな…。そういえばピアノ弾きながら歌ってたような気がします。