映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-08-26 DVも芸のうち!?

gakus2005-08-26

 今は亡き酔いどれ作家チャールズ・ブコウスキーに関するドキュメンタリー「ブコウスキー/オールド・パンク」(10月公開)は、生前の彼の姿を収めた貴重なフッテージ満載のドキュメンタリー。生い立ちに加えて、著作の創作前後の逸話も聞けるので、ファンにはたまらない内容となっています。

 ブコウスキーのファンではない自分には正直キツい部分もあったが、興味深かったのは、フッテージの中にバーベット・シュローダー監督が撮った映像が入っていたこと。そこではブコウスキーが妻とケンカをして彼女に蹴りを入れるという、ちょっとビックリの記録映像が映し出される。シュローダーは、この後ブコウスキーの原作・脚本による「バーフライ」を撮る。そこにはミッキー・ロークふんする主人公がヒロイン、フェイ・ダナウェイを蹴飛ばすシーンがあったが、シュローダーは先に撮ったドキュメントを絶対ここに生かしてるよなあ…。ちなみに、ブコウスキー本人は映画「バーフライ」を好いていないようで、ミッキー・ロークふんした主人公を“大げさ過ぎる”とバッサリ。ハリウッドでの苦い体験を生かした著作についても、この映画では語られる。あと、U2のボノがブコウスキーについて語っていたが、たいしたことは言ってなかった。

 原作者には嫌われた「バーフライ」だが個人的には好きな映画で、とりわけブッカーT&MG’sの『HIP HUG HER』のフィーチャーは忘れ難い。酔っ払いの千鳥足のようなリズム、そしてブッカーTのファンキーなオルガン。学生のころに、この映画を見たことがきっかけでMG'sにハマったんだけど、このいかがわしさやグルーヴ感は、他のどのアーティストにも出せないと思う。「ブコウスキー/オールド・パンク」の中でも、ブッカー・T風のオルガン・インスト曲が使われていた(そのシーンでは一瞬「バーフライ」のポスターが挿入される)が、これはどうやら映画のために作られたスコアらしい。

 『HIP HUG HER』のジャケは以前、一度載せたことがあるので、「バーフライ」で使われた別のナンバーのジャケを。STAXレコードのブルース王アルバート・キングの『BORN UNDER A BAD SIGN』を収録した1967年の同名アルバム。ちなみに、この曲もブッカーTの作。

ブコウスキー:オールド・パンク [DVD]

ブコウスキー:オールド・パンク [DVD]

バーフライ [DVD]

バーフライ [DVD]

muramura 2005/08/28 11:47 ドキュメンタリーの中で、映画「バーフライ」批判の意見のひとつが、「ブコウスキーが手を出すのは、もっとブサイクな女だ!」みたいだったのが、可笑しかったです。

gakusgakus 2005/08/29 04:36 あった、あった!あれは笑いました。50代にして初めてウハウハ生活を送るようになり、“遅れを取り戻そうと頑張った”と言ってたのもウケましたよ。