映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-08-31 ナイスカバー発見

gakus2005-08-31

 ダイアン・レインジョン・キューザックの主演によるラブコメディー「理想の恋人.com」(10月公開)のお話。

 離婚の痛手を引きずるダイアン・レインが、家族のおせっかいによって出会い系サイトに入り、そこで知り合った、これまた恋愛に希望を失っているボート職人キューザックと、少しずつ距離を縮める…という物語。会話のリアリティに力を入れており、クスッと笑えるユーモアが散りばめられた佳作。ストーリー展開に偶然の出来事が多すぎるのが難点か。

 オープニングはリンダ・ロンシュタットの『When Will I Be Loved』で、大人の女性であるダイアン・レインの飾り気のない自然体の雰囲気に合っている。彼女がスーパーで買い物をしているシーンでフィーチャーされているのが、キャット・スティーブンスの60年代のヒット曲『FIRST CUT IS DEEPEST』の女性ボーカルによるフォークロック風カバー。もともとは初恋のせつなさを歌ったポップスだが、最初の結婚の失敗による痛手というヒロインの心情に、うまくはまった感じ。あとからクレジットを見たら、シェリル・クロウのカバーだった。原曲のポップスの甘さを抑え、シンプルに徹して大人の落ち着きをあたえた、ナイスなアレンジでした。

 ジャケはP.P.アーノルド、1967年のアルバム『THE FIRST LADY OF IMMEDIATE』。タイトルどおり、ストーンズの元マネージャー、アンドリュー・オールダムのレーベル、イミディエイトからデビューした歌姫。キャット・スティーブンスと同時期に『FIRST CUT IS DEEPEST』をヒットさせたが、そのソウルフルな歌声で、これまた一味違うナイスなカバーに。もちろん、このアルバムで聴けます。スモール・フェイセスも参加のモッズ必聴盤。

理想の恋人.com [DVD]

理想の恋人.com [DVD]

taco.taco. 2005/09/01 19:59 「First Cut Is The Deepest」はNORMA FRASERっていうジャマイカの女性シンガーが同じ1967年にイギリスでヒットさせてます(去年来日して生で聴きました)。同じ年に2つのカバーがヒットしてるって事か。ジャマイカ系だからこちらもモッズ御用達だったんでしょうね。P.P.アーノルドって人のも興味あるけどCDで聴けるのかな?『THE FIRST LADY OF IMMEDIATE』ってカッコいいタイトルだなあ。ちなみにNORMA FRASERも”THE FIRST LADY OF STUDIO ONE”なんだけど、そのタイトルでアルバムは出てるかは不明。

gakusgakus 2005/09/01 22:48 CD化されてますよ。以下のURLは紙ジャケ。通常のプラケース盤も出てるはず。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005MMNT/qid=1125582379/sr=1-8/ref=sr_1_10_8/250-2188947-4334662
逆に、NORMA FRASERさんは知らんかった。『FIRST CUT〜』は日本でいう『氷雨』『恋のサバイバル』みたいなもんだったんですかねえ。

taco.taco. 2005/09/02 19:32 げ、国内盤出てるのか。しかも紙ジャケ。60年代は競作が多かったんでしょ?「I Heard It Through The Grapevine」とかは同じレーベルで競作してるもんねw。「氷雨」は今でもカラオケで歌いますよ。

gakusgakus 2005/09/02 22:49 『〜GRAPEVINE』の作者兼プロデューサーのノーマン・ホイットフィールドは、ひとつの曲を複数のアーティストに歌わせることが多いので、アーティストの反感を買っていたようです。とりわけ、テンプテーションズは激怒していたとか。