映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-09-01 ボイル改心

gakus2005-09-01

 ダニー・ボイル監督の新作「ミリオンズ」(10月公開)は、チャーミングで善意にあふれたファンタジー。悪意を絶つための悪意を描いた「トレイスポッティング」とは対極にある。

 舞台はポンドがユーロへと切り替わる直前のイギリス。大量のポンド紙幣が詰まったバッグが天から降ってきて、信心深い8歳の少年は神様からの贈り物と思い込み、世のために役立てようとする。ところが、それは強盗一味が隠そうとしていた大金で、ユーロに切り替わるまえに両替しないと紙屑になる。そして少年は強盗に目をつけられ、金を返せと迫られるが…。

 「トレインスポッティング」では主人公のジャンキー的夢想が現実と交錯し、ビジュアルを面白くしていたが、ボイル監督は本作でも同様の手法をとっている。少年の夢想する聖人との出会いが、現実のシーンと巧みにつなげられ、それがファンタジーの味を醸し出す。思ったよりもブラックユーモアは控えめ。

 音楽もチャーミングなものが多く、スコア自体愛らしい旋律を持っている和み系。クラッシュ/THE CLASHの曲も使われているが、彼らの曲でもっとも愛らしいメロディを持った曲といえば、やはりモータウン調の『HITSVILLE UK』。女性ボーカルの歌も映えるこの曲は、主人公とその兄が、大金をわけあたえたクラスメートとともにサングラス姿でやってくる、「レザボア・ドッグス」のオープニングにも似たシーンで、かなりしっかりと使用される。エンディングのアフリカ風のナンバーも印象的な旋律を持っていて、これは感動を引き立てる曲となりそう。また、6月9日の日記に記したミューズ/MUSEの『HYSTERIA』『BLACKOUT』は、ともに強盗一味の犯行シーンでフィーチャーされていた。

 ジャケは『HITSVILLE UK』を収録したクラッシュ、1980年リリース、アナログでは3枚組の大作『SANDINISTA!』。

muramura 2005/09/02 02:38 かなり邪道な感じなのでカミングアウトしづらいのですが、実は「HITSVILLE UK」がクラッシュで一番好きかも……。ジョーですらバックコーラスみたいな扱いなんですよね、この曲。

gakusgakus 2005/09/02 02:57 ジョーよりも女性VO.の音が大きいですからねえ。ジョーは意外にノーザンソウルにも造詣が深いので、モータウンのパロディもありなのかも。そういう意味では邪道とも言い切れませんよ。実は私もこの曲、大好き。