映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-09-05 元祖スケーターロック

gakus2005-09-05

 ドキュメンタリー映画「DOGTOWN & Z-BOYS」で紹介された、1970年代LAの伝説的なスケーター・チーム、Z−BOYS。そのメンバーである若者たちの成功と挫折を、ドラマとして描いた「ロード・オブ・ドッグタウン」が、この冬お正月映画として公開される。

 スケートボードの妙技によって革新的なスタイルを生み出し、スターとなった若者たち。しかし、それぞれの生き方の違いは友情の破綻を引き起こすことになる。そんな成功の光と影をまざまざと見せつけつつ、それでも失われことのないスケボー熱と絆を浮かび上がらせる。細部に描きこみ不足の不満はあるものの、アツさは十分伝わる愛すべき青春映画。

 音楽はやはり当時のヒット曲が中心で、いずれもギターのノイズで押す、かなりヘビーなナンバー。ジミ・ヘンドリックスやオールマン・ブラザース・バンド、イギー・ポップディープ・パープルなど、いずれもパンク以前のアーティストだが、この映画の流れで聴くとどれも凶暴で、現在のスケーターロックに続くパンクの萌芽がこの時点で芽生えていたことが、わかりやすいほどよくわかる。

 とりわけインパクトがあるのは路線からは外れるが、エンドクレジットで使用されるLAパンクの雄、SOCIAL DESTORTIONの『DEATH OF GLORY』で、ご存知、THE CLASHのカバー。流れ的に異質な選曲ではあるが、情熱と商業主義のギャップを歌ったこのナンバーは、映画の主人公たちにはまりすぎるほどハマっており、それだけで泣けてくる。歌詞は字幕になっていなかったが、これはぜひ出してほしい。

 また、これまた路線的にはずれるが、印象的だったのはロッド・スチュアートの大ヒット曲『MAGGIE MAY』。ラジオから流れてくるこの曲を、Z-BOYSの連中が去った後、その兄貴分だった男(ヒース・レジャー好演)が、ボードを作りながら歌っている。哀愁を漂わせた、なんとも言えず切ないシーンでした。ジャケは、この曲を収録したロッドの1971年の名盤『EVERY PICTURE TELLS A STORY』。

taco.taco. 2005/09/06 20:40 Z-BOYSのメンバーの弟(マイク・ミューア)が作ったのがSUICIDAL TENDENCIESなんだよね。

gakusgakus 2005/09/06 22:36 それは初耳。音楽、とくにパンクシーンとの関わりは深いんですな。

taco.taco. 2005/09/07 14:59 SUICIDAL TENDENCIESと言えばスケーターロックの祖。あの時代はスラッシュメタルだのグラインドコアだのやたらと速いロックはスケーターもの扱いでしたな。音楽は好きだったがスケボーが出来ない。一応ボード持ってるんですよ(笑)。そのせいかジャック・ジョンソンだのトミーゲレロだの、運動神経も音楽の才能も抜群ってヤツは無条件にムカツク(情けない…orz)。今月末に来日するアイリッシュパンクバンド”Flogging Molly”にもプロスケーターが在籍してます。しかもアコーディオン担当(笑)。

gakusgakus 2005/09/08 00:51 文系音楽ファンはスケーターより、ピクシーズみたいな方がピンとくるね(笑)。アコーディオンは、もしかして後付ですね。または、子どものころにやっていて、バンドに入って再び始めたとか。

taco.taco. 2005/09/08 11:54 Jマスシスがスキーやテニス、ゴルフ等と見かけによらずアクティヴだったのはショックでした。

gakusgakus 2005/09/08 23:45 逆に、ビーチボーイズのメンバーのほとんどがサーフィンできないという例もあるから…。