映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-09-23 素敵な4人組

gakus2005-09-23

 先月、全米でナンバーワン・ヒットとなったジョン・シングルトン監督の復讐劇「フォー・ブラザーズ 狼たちの誓い」の日本公開が、急遽11月に決定した。

 札付きの不良少年だった子供時代に、一人の女性に引き取られて育った4人の男たち。白人2人、黒人2人だが、兄弟のように育てられ、固い絆で結ばれた彼らが育ての親の急死によって再会。何者かに“処刑”されたらしい“母”の仇を討つため、雪降る真冬のデトロイトで奔走を繰り広げる。4人の怒りと悲しみを前面に押し出したエモーショナルな作りなので、観ていてアツくなる。狂犬のような長男格を演じるマーク・ウォルバーグの暴れっぶりは最高。

 音楽面ではデトロイトという設定がミソで、この地から飛び出したモータウン・レーベルのオールド・ソウルが詰め込まれている。実際、4人が育った家のポータブル・プレイヤーにはモータウンの45(シングル盤)が乗っけられていた。(JACKSON 5の『DANCING MACHINE』? 要確認)

 “母”の葬儀のシーンで流れるのはマーヴィン・ゲイ/MARVIN GAYEの『TROUBLE MAN』。クールで悲しげなファルセット・ボーカルが妙味。マーヴィンは他にも『INNERCITY BLUES』などが使われていた。テンプテーションズ/TEMPTATIONSの『CLOUD NINE』『I WISH IT WOULD RAIN』『PAPA WAS A ROLLING STONE』などは場面転換のシーンにフィーチャーされ、映画をタイトに引き締めている。また、4人がアイスホッケーをプレイするシーンではFOUR TOPSの『SHAKE ME, WAKE ME』が流れ、この映画の数少ないポジティブなエネルギーがほとばしるシーンを引き立てる。そういえば、あまたのモータウン・サウンドが起用されているにもかかわらず、その最重要人物というべきコンポーザー・チーム、ホランド=ドジャー=ホランドのナンバーはこの曲だけだった。H=D=Hのポップ・センスよりも、よりファンキーでソウル寄りのナンバーを多めにチョイスしたことが、この映画のアツさの一因となっている。

 とはいえジャケは、やはり4人組で…と、FOUR TOPS『SHAKE ME, WAKE ME』収録の1965年のアルバム『ON TOP』。これはイカすジャケ。

チュチュ姫チュチュ姫 2005/10/14 03:48 はじめまして!私も観ました、この映画。デトロイトの側に住んでいるので、すごく面白かった!

gakusgakus 2005/10/14 16:42 こんにちは!コメントありがとうございました。デトロイト近郊にお住まいですか。「8 Mile」などの映画で、その風景を観ているだけですが、モータウン好きとしては一度は行ってみたい場所です。