映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-10-03 suck in the 80’s

gakus2005-10-03

 「ジョージ・マイケル/素顔の告白」(12月公開)はタイトルどおりのドキュメンタリーで、スーパースター、ジョージ・マイケルがたどった道のり…生い立ちからワム!の成功、ソロ活動でのステップアップ、現在まで…を年代を追ってたどったもの。ゲイであることやセックス・スキャンダルまでもが赤裸々に語られる。

 ジョージ・マイケル本人にやたらとしゃべらせているので、この映画の存在意義は彼自身の弁明にあるのではないか!?という疑問を抱かずにいられない。ある意味、そんな俺様映画なので、ドキュメンタリー映画としては監督の視点が希薄であるぶん、正直食い足りない。それでも30代ぐらいの観客のノスタルジーをくすぐるのは間違いなく、アンドリュー・リッジリー禿げ上がった姿で登場したり、ボーイ・ジョージが異様なメイクでインタビューに応えたり、ワム!のバックで歌っていたペプシ&シャーリーを久々に拝めるなどの見どころがある。

 それとワム!全盛期を知る者としては、そのビジュアルに改めて接して、懐かしいやら恥ずかしいやら。ビデオクリップマクセルのカセットテープのCM映像やらを見せられると、踊りにも髪型にも服装にもプッと吹き出してしまいそうになる。いや、当時はコレをファッショナブルと思ってみていたんだよね、みんな。

 MTVに代表されるビジュアル優先の当時の売り方は、モンスター的なセールスに貢献する一方で、マイナスの点も大きいと、改めて思わせる。実際、ワム!の音楽は、今聴いてもブラック・ミュージックのおいしいところをうまく消化していて、かっこいいものが多いが、今となっては薄っぺらいビジュアルのイメージが、その価値を下げているような気がしないでもない。『クラブ・トロピカーナ』のファンキーなグルーヴは今でも古臭く感じないだけどねえ。というわけで、国内盤7インチの同曲のジャケ。この程度なら、まだ可愛げもあるが…。

 あと、いくつか挿入されている彼のビデオクリップに、マーヴィン・ゲイのフッテージが多く目についた。ソウルフルな曲の一方で、スタンダードタイプのナンバーもこなしていたのは、60年代のマーヴィンのキャリアと似ているが、ジョージ自身マーヴィンのキャリアを意識していたのだろうか。もっとも、ソウルは売れてスタンダードでは無視されたマーヴィンと違い、ジョージ・マイケルはどちらを歌ってもバカ売れしたんだけど。

taco.taco. 2005/10/04 15:23 ジョージ・マイケル自身は地味なキャラだから、過剰なくらいのビジュアル戦略の後押しがなければ大成功しなかったかも。 ある意味ポール・ウェラーよりソウル性は強いはずなのに、そこんとこの評価は低いよねー。僕も当時ワム!聴いてからアイズレーに興味持つような事はなかったけど。 ソロではセットの殆どがをカバー曲という無謀なツアーもありました。確かにそういう部分はマーヴィンを感じさせます。
そしてワム!がいなければ、スミスの「Panic」は生まれなかった…。

Mocker!Mocker! 2005/10/05 02:16 このジャケを見てたら「ドレミファドン」というクイズ番組でワム!が
「クラブ・トロピカーナ」を歌っていたことを思い出しました。この時はどうせ一発屋だろうと思ってたのですが。

gakusgakus 2005/10/05 02:35 >taco.さん ポール・ウェラーは出始めのころのワム!のソウル性を評価してたんですよね。ついでに初期スパンダー・バレエや初期バナナラマも。もちろん、私も当時は、ワム!を聴いてミラクルズなんかも聴いてみようとは思いもしませんでしたが。スミスの『PANIC』は、ワム!がいなければ…とも言えますが、むしろそれをかけるラジオのDJがいなければ…というほうが正確かもです。
>Mocker!さん 「ドレミファドン」に出てたんですか、この人たちは。日本でもアイドル視されてましたからねえ。

taco.taco. 2005/10/05 10:23 そうだ。曲自体よりもそれを放送したDJへの非難の歌でした。でもモリッシーは「I’m Your Man」が嫌いだったんじゃない?逆に大好きだったからこそ、なおさら頭に来てたりして(笑)。

gakusgakus 2005/10/05 21:41 モリッシーはソウル嫌いだから、こういうバンドには肌で拒否反応を示しそうですね。しかも歌詞はノーテンキだし。他のメンバーはモリッシーの目を盗んで、ファンクのリフやリズムをチョコチョコと織り込んでいたようです。