映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-10-15 燃えるハングル

gakus2005-10-15

 韓国映画「トンケの蒼い空」(11月公開)はバンカラ・テイストの活きた青春映画で、いわゆる韓流モノとは一線を画する個人的に好みの作品。「友へ/チング」「チャンピオン」で名を上げたクァク・キョンテク監督が、無目的のままチンピラのように生きている青年の心の成長を、ユーモアと熱を込めて描いている。ボーッとしているがケンカはやたらと強い主人公を、「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソンが好演。

 この映画、音楽はコーリアン・ポップスで固められているが、新鮮だったのはボサノバハングルが乗っていたこと。さらにエンディングでは、スカ風パンクが韓国語で歌われていて、むしょうに熱くなる。以前、南米かどこかの映画でかかっていた、ラテン系の言語で歌われたハードコアパンクにも似た、傍若無人のパワー。ビートに乗っかってる言語の味も、さまざまだなあと感じた次第。となると、日ごろ当たり前のように聴いている日本語のパンクは、海外の方にどのように聞こえるのか、気になるところであります。

 “トンケ"とは韓国語で野良犬の意味。観ていてARBを思い出したのは、『野良犬』というナンバーでデビューしたこともあるが、このバンドも日本語でスカやレゲエをやっていたなあ、と。というわけで、『DADDY'S SHOES』『Naked Body』など名曲テンコ盛りの1981年のアルバム『BOYS & GIRLS』のジャケ。

トンケの蒼い空 デラックス版 [DVD]

トンケの蒼い空 デラックス版 [DVD]