映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-10-17 オーリーの着メロ

gakus2005-10-17

 先週末、全米公開された「エリザベスタウン」(日本では11月公開)は、「バニラ・スカイ」のキャメロン・クロウ監督が盟友トム・クルーズのプロデュースの下で撮り上げた人間ドラマ。オーランド・ブルームふんする、仕事でしくじって人生に絶望した青年が、死んだ父の葬儀の準備を進めるうちに、スチュワーデス(キルスティン・ダンスト)と恋に落ち、人生をポジティブにとらえるようになる…という物語。

 「あの頃ペニー・レインと」で自身のロックジャーナリストとしての体験を描いたクロウだけに、今回もフィーチャーされるロックナンバーは多い。予告編で使用されていたエルトン・ジョンの曲は、もちろん印象的に使われている。

 それと、TEMPTATIONSの1969年のヒット曲『I CAN'T GET NEEXT TO YOU』。一瞬聴こえてきたと思ったら、あっさりかき消され、ヒドい扱いだなあと思ったら、その後オーランド・ブルームの携帯電話の着メロとして、何度も聴かされることに。オーリー、若い割には趣味が渋い。ちなみに、この曲は最近では「最後の恋のはじめ方」(3月28日の日記参照。ジャケ付)での起用が印象深い。

 もうひとつ、ブラック系アーティストのナンバーで印象深いのは御大ジェームス・ブラウン/JAMES BROWNの『THAT'S LIFE』。フランク・シナトラの持ち歌として有名な曲で、JBも貫禄ふっぷりに歌っている。映画の後半で、オーリーはキルスティンからもらった旅マップに従って帰郷するのだが、このマップには“ここに着いたら、コレをする"“ここでは、この曲を聴く"など、おせっかいにも程がある指示がCD付きで書き込まれている(それらを忠実に行動に移すオーリー。素直にも程がある)。そのご指定BGMのひとつが、このナンバー。御大の気持ちよさげなボーカルが、のどかな旅の風景にハマッてます。

 ジャケは、この曲を収録した1969年のアルバム『GETTIN' DOWN TO IT』。JBには珍しい、ジャズ・スタンダード主体のアルバム。先ごろようやくCD化されました。

manzamanza 2005/10/18 12:41 キャメロン・クロウは、ともすればギャグにされがちなエルトンちゃんを、上手に使う名人な気がします。『ネバーランド』なんて、エルトンが主題歌書き下ろしたのに、最終的にカットされてたし。ちなみにバリで聴いた着メロはベートーベンの運命でした。わかりやすい……。

gakusgakus 2005/10/18 14:12 エルトンの曲は曲そのものの個性が強いので、映画には使いづらいと思っているのですが、クロウはその辺が確かにうまいですね。どうでもいいけど、我が家の電話の着メロも交響曲第5番です。それと、無事にお帰りになったようで何よりでした。

flykflyk 2009/03/21 13:22 アドレナリン