映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-10-26 女JB

gakus2005-10-26

 昨日アイク&ティナ・ターナーのことを記したら、ふと観たくなって「SOUL TO SOUL 魂の詩」のDVDを鑑賞。半年前に購入したまま観るのを忘れ、観た気になっていた。参考書を買っただけで勉強した気になっていた子供の頃から、この辺は進歩がない。

 「SOUL TO SOUL」は1971年にアフリカ、ガーナで行なわれたフェス形式のコンサートをメインにしたドキュメンタリーで、翌年には日本でも劇場公開されている。出演はアイク&ティナの他にウィルソン・ピケット(『ダンス天国』のパフォーマンスは圧巻)、ステイプル・シンガーズ、サンタナ、ヴォイス・オブ・イースト・ハーレム等。

 ティナがアイケッツを引き連れ、猛烈な腰振りダンスでステージに現われる冒頭から、スゲー!と思わずにいられない。ダイナミックな腰振りダンス。異様に高いテンション。身を切るようなシャウト。女JBと言われるのも納得。

 この映画ではコンサートの模様の合間合間に、現地の人々の生活風景や、出演アーティストと現地の人々の交流が挿入される。で、ティナは終始満面の笑みで心底楽しそう。どこかの部族のダンスに乱入して一緒に踊ったり、“やってみて"という風に自分の後に続いて現地の女性に歌わせたり。言葉が通じないものの、そこで交流が生じる瞬間。真の“SOUL TO SOUL”というべきか。

 もちろんステージも凄まじく、フィル・スペクタープロデュースによる原曲のアレンジのみならずメロディーをも破壊して豪快に歌いきる『RIVER DEEP MUNTAIN HIGH』、アイクのブルース・ギターとねっとり絡みつく『I SMELL TROUBLE』に圧倒される。ティナはステージでは胸の透けた衣装を着ているが、エネルギーの塊みたいな彼女を目の当たりにしては、エロを感じる余裕もない。

 ちなみに、このDVDでは映画に使用されなかった『I'VE BEEN LOVING YOU TOO LONG』のパフォーマンスが収録されていて、アイクと掛け合い展開しつつ、マイクを男性自身のように扱うエロいパフォーマンスも披露。参りました…。

 ジャケは、同じ1971年のカーネギー・ホール公演の模様を収めたアイク&ティナのライブ盤『WHAT YOU HEAR IS WHAT YOU GET』。ここに収録された『I'VE BEEN LOVING YOU TOO LONG』でも同様のパフォーマンスが。

taco.taco. 2005/10/27 14:57 ブサイクなのにステージに上がるととても可愛く見える。女性って不思議だ。

gakusgakus 2005/10/27 21:42 正直アイケッツの面々の方がかわいいと思いますが、華があるのは圧倒的にティナですな。