映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-10-28 マーダー・プレリュード

gakus2005-10-28

 10月12日の日記に記した「ダウン・イン・ザ・バレー」の監督デビッド・ジェイコブソンは長編劇映画としては、これが監督3作目。そのドライなタッチに要注目かと思い、彼の前作で日本では劇場未公開だった「ジェフリー・ダーマー」をチェック。実在した有名なシリアルキラー、ジェフリー・ダーマーの凶行を描いた、この映画は案の定スリラー寄りではなく、生理や心理に迫る淡々とした映画だった。バイオレンスを期待すると肩透かしを食らうが、これはこれでこの監督の色なのだろう。

 ジェフリー・ダーマーは、以前読んだ本にはブラック・サバスのファンで、オカルト好きだったと記されていた覚えがある。が、ここではブラック・サバス系統のおどろおどろしいハードロックは皆無。ダーマーが入り浸っていたゲイ・クラブの音楽はダンス寄りだし、彼の部屋で流れる音楽もシックな感じ。口の達者な黒人青年を家に連れ込み、酔わせて一緒踊るシーンがあったが、このシーンではGLADYS KNIGHT & THE PIPSの1960年代のヒット曲『EVERY BEAT OF MY HEART』が流れてくる。“いいムード"になる好バラードだが、もちろんダーマーにしてみれば獲物を狩るための前奏曲に過ぎない。

 ジャケはグラディス・ナイト&ザ・ピップス、モータウン時代の代表曲をコンパイルした『ANTHOLOGY』。『I HEARED IT THROUGH THE GRAPEVINE』『EVERYBODY NEEDS LOVE』など、おいしいとこどりの全40曲2枚組。

ジェフリー・ダーマー [DVD]

ジェフリー・ダーマー [DVD]